2022/1/20不定期更新に変更します

dアニメがBRAVIAに対応したので使ってみた

SONY

DAZN

F1を視聴する方法として、以前試してみました。

DAZNの無料体験に申し込んでみたよ!
BRAVIA KJ-75X9400CでDAZNのアイコンを発見 先日の記事で「DAZN」のサービス開始と、F1の視聴方法としての選択肢が増えることへの興味を書きました。 今日改めてテレビSONY BRAVIA KJ-75X9...

生放送としてみるには遅延が大きい欠点はあるものの、視聴中に途切れることは少なかったですし、スマートフォンで見る分には十分な画質でしたが、Androidテレビで見るにはビットレートが不足していて、細かい部分の映像がつぶれてしまっていて、シアタールームで使うにはちょっと画質が低すぎるかなと思います。

 

ホームシアター VODサービス dアニメ 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 僕だけがいない街 BRAVIA KJ-75X9400C

楽天SHOWTIME

また楽天SHOWTIME(現:楽天TV)も割引があったので、機動戦士ガンダムUCをレンタル購入して見てみましたが、第1話を見ることができないバグがあってガッカリ。

なぜか楽天SHOWTIMEは作品によってパソコンスマートフォンやタブレットAndroidテレビなど視聴できるデバイスが異なっていて、Androidテレビで見たいユーザにとっては非常に不便です。

結局機動戦士ガンダムUCXperiaZ3経由で見ることになりましたが、度々画質の低下が起こり、アプリケーションが負荷が高く、スマートフォンが熱くなります。やや不安定な印象で、映画をAndroidテレビで見てみたこともありますが、こちらも不安定でした。多分2度と使わないと思います。

dアニメストアXperiaZ3経由で見ているときは、画質の低下が起こることはありましたが、楽天SHOWTIMEよりは全然マシです。ディスクメディアの画質には及びませんが、レンタルしに行く手間を考えれば上出来でしょう。

シアタールームのネットワーク分離で不便に…

スマートフォン経由で見ることで、dアニメを1~2か月ほど使いましたが、その後シアタールームのネットワークをスマートフォンが接続されている通常のネットワークから分離してしまったことで、XperiaZ3とのChromecastが接続できなくなってしまい、しばらく使っていませんでした。

オーディオ専用ネットワーク構築記
オーディオ専用ネットワークの構築 今まで、ネットワークオーディオは家庭内LANの一部として運用されていました。ルータから各部屋へと接続するスイッチングハブを経由して、シアタールームのスイッチングハブに接続。さらにネットワークオーディオ専用...

またガンダム「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のセカンドシーズンがこの秋10月から始まって、1話目を見逃してしまったので視聴しようかと思ったんですが、XperiaZ3経由で見ることができないので、4K/HDR対応の「Chromecast Ultra」でも購入しようかと情報を調べていたところに、dアニメストアBRAVIA対応記事を見つけて、今回のdアニメストアアプリをBRAVIAへの導入に至ったわけです。

実際に使ってみると…

dアニメストアのアプリのインストールをしてみましたが、Google Play経由でAndroid対応スマートフォン同様にインストールするだけなので、インストールは簡単です。

実際に10月から始まった「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のセカンドシーズンを1話見てみましたが、20分強の映像でしたが、時折ブツッと1~2秒ほどのラグによって映像が乱れるというか、途切れることがあり、やや不安を感じました。ひかりTVのVODサービスでは4K映像でもこういうことはほとんどないので、dアニメストアはサーバの負荷が大きいのかもしれませんね。


ただ、XperiaZ3経由のように途中で画質がDVD画質のような低画質になることもなく、XperiaZ3経由で見るよりは画質も安定していて助かりました。

dアニメストアの使用頻度は低いですが、余計なものを購入せずに済みましたし、XperiaZ3経由で見るよりも安定してみることができるので、タイミングよく対応してくれてだいぶ助かりました。

Her-
↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました