2019/12/3 利便性を損なわないことからAMPエラーに対応するためAMP設定を解除しました

電源/アース/バッテリ関連

Acoustic Revive

WaversaSystems WSmartHubのレビュー~ファーストインプレッション~

先日、AudioQuestの最高峰LANケーブルEthernet Diamondと共にWaversaSystems WSmartHubをお借りしました。WSmartHubは、発売当時から興味があり、自宅環境とどのくらい差があるのか、いつか自宅試聴できる機会があればと思っていた機種です。今回はそのレビューをお届けします。
Acoustic Revive

電源ケーブルの単線化(8)POWER REFERENCE-TripleCの004仕様とSTANDARD仕様の入れ替え

新しく基幹システムの電源ケーブルとしてAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleCを用意して、主要システムの電源ケーブルを上流側から順番に変更するテストを重ねてきました。懸念していたバランスの問題は生じずに順調に来ましたが、最後の最後、パワーアンプでしっくり来ない状況に陥りました。
Acoustic Revive

電源ケーブルの単線化(7)DENON POA-A1HDとAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

基幹システムに使ってきたAudioQuest NRG-5をPOWER REFERENCE-TripleCに変更して、全体のバランスに問題ないか、DVD-A1XVA、DMP-UB900、AV8802Aの電源ケーブルを変更し、根元の電源タップComplete-4IIも変更してテストし、次はDENON POA-A1HDです。
Acoustic Revive

電源ケーブルの単線化(6)Chikuma Complete-4 IIとAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

これまでシステムの基幹となる部分にはAudioQuest NRG-5という単線電源ケーブルを長年固定して使ってきましたのをPOWER REFERENCE-TripleCに変更して、全体バランスに問題がないか慎重に見極めます。今回はこれまで変更した機器の根元となる電源タップChikuma Complete-4 IIです。
Acoustic Revive

Telegärtner M12 Gold Switch用電源SFORZATO SFZ-RBR-1-M12TとAcoustic Revive RBR-1の販売終了の噂

SFORZATOがカタログに載せたTelegärtner M12 Gold Switch用電源SFZ-RBR-1-M12Tがあります。これはAcoustic Revive RBR-1のカスタマイズ品ですが、カタログへ掲載されたとたん、残り少なかったRBR-1が急に売れ出して在庫不足になり、販売終了になるそうです。
Acoustic Revive

電源ケーブルの単線化(5)Maranatz AV8802AとAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

これまでシステムの基幹となる部分にはAudioQuest NRG-5という単線電源ケーブルを長年固定して使ってきましたが、これをPOWER REFERENCE-TripleCに変更して、全体のバランスに問題がないか見極めていきます。今回はホームシアターの中心となるAVプリアンプMarantz AV8802Aです。
Acoustic Revive

電源ケーブルの単線化(4)Panasonic DMP-UB900とAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

AudioQuest NRG-5という単線電源ケーブルを使ってきましたが、これをPOWER REFERENCE-TripleC(STANDARD仕様)に変更し、全体のバランスに問題がないか見極めます。前回はDVD-A1XVA、今回はUrtraHD Blu-rayプレーヤーPanasonic DMP-UB900です。
Acoustic Revive

電源ケーブルの単線化(3)DENON DVD-A1XVAとAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

システムの基幹となる部分にはAudioQuest NRG-5という海外モデルの単線電源ケーブルを長年固定して使ってきましたが、これをPOWER REFERENCE-TripleC(STANDARD仕様)に変更して、全体のバランスに問題が生じないか慎重に見極めていくことにします。まずはDENON DVD-A1XVAです。
Acoustic Revive

電源ケーブルの単線化(2)電源ケーブルの交換手順

現在使用中の電源ケーブルを交換可能なものは全て単線化したいと、切り売りのAcoustic Revive EE/F-2.6TripleCを考えていましたが、POWER REFERENCE-TripleCなら10年近く固定してきた土台となる主要機器の電源ケーブルとして使えるかもしれないと、まとめてテストすることにしました。
Acoustic Revive

電源ケーブルの単線化(1)電源ケーブルの用意

私の主要機器に使われている電源ケーブルはほぼ単線のケーブルが使われています。より線は柔らかく取り回しも良いケーブルですが、AV機器が密集するスペースでは、ノイズに強い単線を使う方が総じていい結果が出ることが多いので、可能な限り単線を使いたいと考えていて、今回交換可能な電源ケーブルを全て単線に交換してみることにしました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました