家庭用にしてはちょっとデカイCanon MAXIFY MB5130の到着

家庭で使うには少し大きい複合機

10年以上使ったFAX機能付き複合機Brother MFC-460CNが壊れて、新しくFAX機能付き複合機を購入することにしました。

Brother 複合機 MFC-460CNの寿命? もう10年以上使っただろうか、たまに事務的な書類などを印刷する程度ではありましたが、長年使用してきたFAX機能搭載複合機Brother MFC-460CNが印刷できなくなりました。 ...

プリンタ機能に加えて、FAXやスキャナ、コピー機能など事務的な作業に必要な小規模オフィス向けに近い製品を求めていましたが、実際にCanon MAXIFY MB5130を購入することになりました。



MAXIFY MB5130の仕様

詳細はメーカーHPをご覧いただくとして、概要をメーカーのHPから引用すると以下のような機能を備えています。

カラーモノクロ両方とも印刷可能なのはもちろん、この中で決定打になったのはFAX機能を搭載していて、電話機と共用可能であること、有線LANによるネットワーク経由の印刷とネットワーク上の共有が可能なことですね。

プリンタの性能と私的に気になるところを少し見ておくと以下のような感じです。

高速プリント

大量に印刷することは極稀なので、特別高速なプリンタを求めているわけではありませんが、割と早いほうなのかなという印象です。

A4普通紙連続プリント(片面)モノクロ約24.0ipm
カラー約15.5ipm
連続プリント(両面)モノクロ約13.0ipm
カラー約9.5ipm
ファーストプリントモノクロ約6秒
カラー約7秒

インクコスト(税別)

インクコストは純正品としては高くないんでしょうけど、画質にはこだわらないので半分くらいにして欲しいところです。

A4普通紙大容量モノクロ約1.8円
カラー約6.1円
標準モノクロ約2.2円
カラー約7.6円

この価格なら、サードパーティ製のインクを購入します。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link