Brother 複合機 MFC-460CNの寿命?Canon MAXIFY MB5130の購入

Brother 複合機 MFC-460CNの寿命?

もう10年以上使っただろうか、たまに事務的な書類などを印刷する程度ではありましたが、長年使用してきたFAX機能搭載複合機Brother MFC-460CNが印刷できなくなりました。

印刷時に最近文字がかすれてまだら模様に印刷されるようになってきていて、そろそろ買い替え時かなと思ったのが2017年末のことです。

そしてつい先日全く印刷されなくなってしまいました。紙の送り出しはされますが、インクがほとんど出ていないみたいで、インク切れもしていない、インクが詰まったのかもしれませんが、不調は感じていたし、3月には印刷が必要なイベントも控えていたので、だましだまし使うのはやめて、新しく購入することにしました。



プリンタというか複合機に求める条件

プリンタなのでプリンタの機能は当然として、その他に必要な機能は以下のようなものです。

  • 電話と回線を共用できるFAX機能を搭載していること
  • コピーとスキャナー機能を搭載していること
  • ネットワーク経由で共有できること(有線LAN)
  • 大容量インクカートリッジを使えること
  • 純正品以外インクカートリッジが使えること

FAX機能を搭載した複合機にはどれも当たり前についている機能なので、問題になるのはサードパーティのインクカートリッジが利用できることでしょうか。最近のプリンタのインクカートリッジにはICチップが搭載されていて、メーカーの純正インクカートリッジに囲い込むように対策されています。

FAXは必要か?

インターネットとメールが普及したおかげで、活躍の機会はほとんど無いFAX。我が家ではFAXを送ることはまずありませんが、送られてくる機会は年に数回あります。FAXが無くても現実的に困ることはありませんが、一応設備としては確保しておきたいところです。

コピーとスキャナー

どちらも何かと使う機会が月に1回程度はあるため、大体機器を探すとなると結構面倒です。FAXが必要であるなら当然ついてくる機能なので、問題ありませんが、自動送り出し機能はスムーズであって欲しいですね。廉価なエントリーモデルは、この辺りの細かいところに不具合が出るので選択肢からはずします。

ネットワーク機能

我が家は最大で5人で10台程度のパソコンが接続され、ネットワーク上には30~40台程度の機器が接続されている小規模オフィス並みのLANです。今はだいぶパソコンの台数も少なくなりましたが、20年位前からネットワーク経由でプリントアウトするのが当たり前でしたし、慣れてしまった環境を今さら変える気もありません。

ネットワーク接続する際に過去に無線LAN接続での共有で不安定さに悩まされたことがあるので、安定性を重視して必ず有線LANで共有するようにしています。共有インフラは安定性重視というのがネットワークエンジニアとして仕事をした経験上の優先事項です。

インクについては次で触れます。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link