2020/5/16以降Gmailの認証方式の変更に伴いメールマガジンが配信できなくなっていましたが再開いたします。

BRAVIA A1シリーズに77型「KJ-77A1」が追加

4K/HDR&DolbyAtmos

前倒しで77型が登場

6月に発売されたSONY初の4K有機ELテレビ BRAVIA A1シリーズにこれまでの55型(KJ-55A1)65型(KJ-65A1)に加えて77型「KJ-77A1」が加わることになりました。

ホームシアター 4K/HDR 液晶テレビ 有機ELテレビ OLED BRAVIA Z9D A1 KJ-77A1 KJ-65A1 KJ-55A1 GINZA PLACE SONY ショウルーム ソニーストア 4K UHD Blu-rayプレーヤー UBP-X800 レビュー 体験

4K高画質プロセッサー搭載、映像と音を融合させた有機EL『A1』などブラビア(R)12機種発売
ソニーは、4Kブラビア(R)の新商品として、4K有機ELテレビ ブラビア『A1シリーズ』 2機種※1ならびに4K液晶テレビ ブラビア『X9500Eシリーズ』 2機種をはじめとする5シリーズ12機種を発売します。

以前記事にも書いたとおり、当初KJ-77A12017年秋を予定していましたが、前倒しで8月5日からの発売になるようです。店頭予想価格は250万円前後です。

SONY BRAVIA A1シリーズの気になるポイント「KJ-65A1/KJ-55A1」77V型も…
SONY初の4K有機ELパネルを搭載する「A1」シリーズを6月10日より発売すると発表しました。もう少し価格設定は高くなるかと思いましたが、LG製と比較しても大きな価格差はありませんね。私も4K BRAVIAユーザーとして発表された内容は気になりますので、画質、音質などの面から発表内容について感想を述べたいと思います。

基本的な仕様は同じ

画面サイズが大きくなったこと以外、基本的なスペックは同じ仕様のようなので、スペックに関しては以前の記事をご覧いただきたいと思いますが、「HDR10」、「Hybrid Log Gamma(HLG)」には対応済みで、「Dolby Vision」にも今後のアップデートで対応予定となっています。

SONY 有機ELテレビ BRAVIA A1の高画質機能について~Z9Dと比較~
フラグシップ機としてZ9Dシリーズがラインナップに残り、他社が有機ELテレビを上位モデルとして展開しているのに対し、SONYはZ9DシリーズとA1シリーズのWフラグシップ展開としたことは、Z9Dシリーズの画質への自信を伺わせます。A1シリーズに搭載されている機能をZ9Dシリーズと比較しつつ違いをみてみたいと思います。
SONY 有機ELテレビ BRAVIA A1の高音質機能とそれ以外の機能について
今回のA1シリーズは映像だけが注目ポイントではありません。このテレビをパッと見て、テレビにあるべき何かが見当たらないものがあることに気づくでしょうか?そう、スピーカーを探しても見つからないんですよ。スピーカーは見あたりませんが、実は見えているんです。A1シリーズの音とそれ以外の機能で注目のポイントを見てましょう。

KJ-77A1で違いがあるのは、消費電力、重量、寸法ですね。

  • 消費電力:757W
  • 年間消費電力量:404kWh/年
  • 外形寸法はW172.1 × H99.3 × D39.9cm(スタンド含む)
  • 重量:45.3kg(スタンド含む)

BRAVIA Z9Dの75型「KJ-75Z9D」(外形寸法:W168.4 × H104.7 × 27.8cm、重量45.1kig、消費電力:443W)と比較すると大きさはスタンドがない分低いですがほとんど変わらず、重量も差はないといっていいですが、消費電力は70%以上高いですね。

実際に体験してみたい

液晶テレビのZ9Dシリーズでは、画面サイズの違いによって、ローカルディミングの分割数に大きな差があり、画質面では画面の大きい100型にアドバンテージがありました。

SONY BRAVIA Z9D、100型、75型、65型を見てきたよ!
インターナショナルオーディオショウに行ったついでにSONYの新しい銀座のショールームに立ち寄って、実際にSONY BRAVIA Z9D、100型、75型、65型を見てきました。その画質のすごさは言葉も出ずじっくり魅入ってしまうくらい綺麗でした。

しかし、有機ELテレビは画素自体が発光する仕組みのため、画面サイズの大きさによる画質差は生じないはずです。

ソニーストア銀座、札幌、名古屋、大阪、福岡天神などでは7/12(水)からKJ-77A1先行展示が行われているようなので、実際に見てみたい方は足を運んでみてください。

新商品 発売前先行体験・展示について | ソニーストアについて | ソニー
ソニーのショールームのご紹介ページです。イベント、展示会、新製品のご案内から、ブラビア®、ブルーレイ、Xperia™ Tablet、ハンディカム®、サイバーショット®、α™(アルファ)、ウォークマン®などの各製品のご説明いたします。

A1シリーズの売りであるアコースティックサーフェスは、テレビ画面が振動することでスピーカーになる仕組みですが、55型(KJ-55A1)65型(KJ-65A1)では実際に体験してみると画面の大きさ相応の音場で、やや狭く感じました。

ホームシアター 4K/HDR 液晶テレビ 有機ELテレビ OLED BRAVIA Z9D A1 KJ-77A1 KJ-65A1 KJ-55A1 GINZA PLACE SONY ショウルーム ソニーストア 4K UHD Blu-rayプレーヤー UBP-X800 レビュー 体験

実際に聞いてみないとわかりませんが、KJ-77A1は画面が大きくなので、相対的に音場も広がりそうです。

ホームシアター 4K/HDR 液晶テレビ 有機ELテレビ OLED BRAVIA Z9D A1 KJ-77A1 KJ-65A1 KJ-55A1 GINZA PLACE SONY ショウルーム ソニーストア 4K UHD Blu-rayプレーヤー UBP-X800 レビュー 体験

私もプロジェクタに代わるディスプレイとして、現在KJ-75Z9Dを使っているので、KJ-77A1の異次元の描写力はとても魅力的ですし、映画を見るディスプレイとして使ってみたい機種の1つです。

KJ-77A1は当初個人的な予想では300万円程度と予想してたので、250万円前後と思っていたよりはかなり安価に登場したなとは思いますが、KJ-75Z9Dが100万円前後で購入できるので、価格差がかなり大きく買い替えは難しそうですね。

誰か買ってくれるならぜひ使いたいです!

BRAVIA KJ-75Z9Dは夢から現実へ~シアタールームへ設置~
2015年末にBRAVIA KJ-75X9400Cを購入し、翌2016年1月に納品されて以来ずっと調子が悪く、BRAVIA KJ-75Z9Dへ交換することになりましたが、ようやくその交換の準備が整い交換作業が行われました。設置、撤去に苦戦が予想されましたが、何とか無事導入することができましたのでその様子を綴ります。

さすがに今度KJ-75Z9Dが壊れたとしても、KJ-77A1には交換してくれないでしょうしね。

4K有機ELテレビ SONY BRAVIA A1 77型「KJ-77A1」を見てきたよ!
ソニーストア銀座などでは、2017年7月12日(水)からSONY BRAVIA A1シリーズの77型「KJ-77A1」が先行展示されているので、ちょっと銀座方面に買い物に行く用事があったついでに、銀座の有名な時計台の目の前にあるGINZA PLACEの中のソニーストア銀座に77型「KJ-77A1」を見に行きました。

Her-
↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました