SONY BRAVIA A1シリーズの気になるポイント「KJ-65A1/KJ-55A1」77V型も…

SONY 有機ELテレビ発表

SONYはついに日本国内でも、SONY初の4K有機ELパネルを搭載する「A1」シリーズを2017年6月10日より発売すると発表しました。価格はオープンとのことですが、65型の「KJ-65A1」は80万円前後、55型の「KJ-55A1」は50万円前後での実売が予想されます。

また、2017年秋以降に77V型を発売予定されているということでシアター用ディスプレイとしても注目されます。

前倒しで77型が登場 6月に発売されたSONY初の4K有機ELテレビ BRAVIA A1シリーズにこれまでの55型(KJ-55A1)、65型(KJ-65A1)に加えて77型「KJ-77A1」が加わることになりました。 ...

ホームシアター 4K/HDR A1 KJ-65A1 KJ-55A1 BRAVIA SONY KJ-75X9400C KJ-75Z9D 比較 ニュース 有機EL OLED アコースティックサーフェス Android TV 7.0

もう少し価格設定は高くなるかと思いましたが、LG製と比較しても大きな価格差はありませんね。私も4K BRAVIAユーザーとして発表された内容は気になりますので、画質、音質などの面から発表内容について感想を述べたいと思います。

まずは、発表された内容から特長から見ていきたいと思います。



一瞬で引き込まれる漆黒の美、そのたたずまいから生まれる音。

ホームシアター 4K/HDR A1 KJ-65A1 KJ-55A1 BRAVIA SONY KJ-75X9400C KJ-75Z9D 比較 ニュース 有機EL OLED アコースティックサーフェス Android TV 7.0

吸いこまれるような黒を表現できる有機ELパネルを採用。さらに、有機ELパネルの映像表現力を最大限に引き出す、4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」などソニー独自の高画質技術が連携し、黒の締まりや光の表現力を高め、圧倒的な高画質を実現しています。また、テレビ画面から音を再生し、映像と音を融合させ、究極ともいえる没入感を実現します。

ホームシアター 4K/HDR A1 KJ-65A1 KJ-55A1 BRAVIA SONY KJ-75X9400C KJ-75Z9D 比較 ニュース 有機EL OLED アコースティックサーフェス Android TV 7.0

4K高画質プロセッサー搭載

「Z9Dシリーズ」にも搭載の4K高画質プロセッサー

ホームシアター 4K/HDR A1 KJ-65A1 KJ-55A1 BRAVIA SONY KJ-75X9400C KJ-75Z9D 比較 ニュース 有機EL OLED アコースティックサーフェス Android TV 7.0

膨大な画像処理を担う4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」は、従来の4K高画質プロセッサー「X1」に比べ映像処理速度を40%アップし、有機ELパネルに合った映像処理を高精度に行い、パネルの良さを最大限に引き出すことで、さらなる高コントラストを実現します。

また、SDRの映像もHDR相当まで引き上げることが可能な「HDRリマスター」、2つのデータベースを参照し、精細感とノイズ低減の両立を実現する「デュアルデータベース分析」、なめらかな映像を作りだす「Super Bit Mapping 4K HDR」の高画質技術を搭載し、さらなる高コントラスト、高精細、豊かな階調表現を実現し、息をのむような映像美をお楽しみいただけます。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link