2020/3/13記事の公開で動画Youtubeのリンクが設定ミスによる公開が正常に行われていませんでした。

ノイズに強い単線電源ケーブル~AudioQuest NRG-1の入手~

AudioQuest

ノイズに強い単線電源ケーブルは希少

本ブログを閲覧いただいている方なら、ご存じの方も多いと思いますが、私が電源ケーブルを導入する際には、極力ケーブルの素材に単線を使ったものを使うようにしています。LANケーブルなどでもそうですが、単線の方がノイズ耐性が高いからです。

ホームシアター 電源タップ 電源ケーブル 仮想アース CHIKUMA Complete-4 II AudioQuest NRG-5 Acoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC Marantz AV8802A DENON POA-A1HD NA-11S1 DVD-A1XVA OYAIDE P-004 C-004 FURUTECH FI-11M(Cu) FI-15plus(G) FURUTECH FI-50M NCF(R) FI-50 NCF(R) アース線 3芯2芯

シアタールームの電源ケーブルは、交換可能なものは単線に交換済みですし、オーディオルームの電源ケーブルも少しずつ入れ替えをしつつ新しい電源ケーブルを試す計画です。

オーディオルームの電源ケーブルの整理と追加(3)単線化へ向けてAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC(初期型)の転用
単線化へ一歩 ネットワークオーディオプレーヤーLUMIN X1の電源ユニット使っていたAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC(初期型)を取り外し、プラグがFURUTECH FI-50/FI-50Mに...

信号線などは比較的選択肢も多いですが、電源ケーブルに関しては、金属疲労による断線の恐れがある単線電源ケーブルは国内での販売はされていないので、組み立てキットや自作などで作るか、古い既製品を入手するか、海外から何らかの手段を使って入手して自己責任で使用するかありません。

AudioQuestは単線

前述のAcoustic Revive製の電源ケーブルは単線ケーブルにプラグを装着したものですが、既製品としてはAudioQuestの電源ケーブルが単線の電源ケーブルで、メガネ型のNRG-1.5や3-ProngのNRG-5といった電源ケーブルを使っています。

ネットワークオーディオ Playstation4 Pro 電源ケーブル Audioquest オーディオクエスト NRG-X3 レビュー

上記のケーブルはいずれも国内未発売のモデルですが、現在では日本国内では販売することができないため、より線構造のNRG-X2NRG-X3が販売されていて使っていたこともあります。

PS4 Proとアナログ電源のためにAudioQuest NRG-X3を購入
Playstation4 Proの写真を見ていてふと思ったんですが、これよくみると電源は3Pタイプ(アースピンなし)なんですね。現在使っているPlaystation4の初期モデルの電源コネクタは2P(メガネ)タイプなので、電源ケーブルが変わります。別のケーブルに変更する必要が出てきたので購入することにしました。

しかし個人的にはより線構造の電源ケーブルは本来はAudioQuestの方針とは異なるケーブルだと思っています。昔は日本国内でもNRG-1NRG-2といった単線のエントリーケーブルがわずかに発売されていたことがあります。



AudioQuest オーディオ&シアター 電源/アース/バッテリ関連
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました