2020/5/16以降Gmailの認証方式の変更に伴いメールマガジンが配信できなくなっていましたが再開いたします。

折れそうなバナナプラグの交換が必要だ(1)バナナプラグの検討

AudioQuest

バナナプラグの交換の必要性

先日ラックレイアウトの変更作業を終えて、今後の課題として何点か残っていましたが、その内の1つにスピーカーケーブルのバナナプラグの破損がありました。

ホームシアター オーディオ ラックレイアウト変更 Audioquest プラグ バナナ スペード Y型 Yラグ SGBFA GSET/4 500/BFA 1000/BFA

ラックレイアウトの変更(8)レイアウト変更後に残る懸念と課題
レイアウト変更作業を終えて、現在の懸念、今後の課題などを整理しておきたいと思います。フロントスピーカーの設置位置の調整、スピーカーのバナナプラグの交換と固定、ネットワークオーディオ用光ケーブルの交換、サブウーファーの足回りの調整、全体的な配線の整理、これらの課題について今後どうしていくか1つ1つ確認してみたいと思います。

フロントスピーカーDALI Helicon 800のスピーカーケーブルAudioQuest Meteor(2m)のアンプ側のプラグです。

2011年に価格が大幅に上昇する直前に在庫品を購入したので、購入当初はY型(Spade)プラグしかありませんでしたが、パワーアンプにはY型プラグでは取り付けられなかったので、AudioQuest純正品AudioQuest SGBFA GSET/4を購入して交換したものです。

今すぐ折れるような状況ではありませんが、アンプに接続した状態で万が一折れるようなことになると、アンプから折れたプラグを取り外せなくなる危険性があり、アンプの修理なんてことになりかねないので、早めに交換しておきたいところですね。

各スピーカーケーブルの末端処理

現在各スピーカーの末端処理は以下のようになっています。

ホームシアター オーディオ ラックレイアウト変更 Audioquest プラグ バナナ スペード Y型 Yラグ SGBFA GSET/4 500/BFA 1000/BFA

フロントスピーカー用(Single-Biwire仕様)

  • アンプ側:バナナプラグ 2本
  • スピーカー側:Y型プラグ 4本

フロントスピーカーケーブルは、前述したとおりAudioQuest Meteor(2m)Single-Biwire仕様でアンプ側とスピーカー側で本数も形状も異なります。

ホームシアター オーディオ ラックレイアウト変更 Audioquest プラグ バナナ スペード Y型 Yラグ SGBFA GSET/4 500/BFA 1000/BFA



AudioQuest オーディオ&シアター
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました