ハイレゾ・マスター・レコーダー TEAC SD-500HRの録音に必要なもの~SDカード、CFカード、USBメモリ~

録音するための準備

自身のシステムのノイズの計測などを行うために、先日お借りしたハイレゾ・マスター・レコーダー TEAC SD-500HRですが、ひとまず別途お借りしたAcoustic Revive ヒッコリーボード RHB-20を使って、仮設置を行いました。

ホームシアター オーディオ ネットワーク ハイレゾ・マスターレコーダー TEAC SD-500HR レンタル ノイズ測定 Audacity 無音 解析 スペクトラム 分布 周波数 帯域 CFカード SDカード SDXC SDHC USBメモリー Sandisc Transcend Cruzer Switch SDCZ52-008G ADATA C802

しかし、このレコーダーは、録音を行うためにはまだいくつか足りないものがあります。



メモリーカード

前回の記事でも書きましたが、SD-500HRは保存メディアとして、以下のものに対応しています。

ホームシアター オーディオ ネットワーク ハイレゾ・マスターレコーダー TEAC SD-500HR レンタル ノイズ測定 Audacity 無音 解析 スペクトラム 分布 周波数 帯域 CFカード SDカード SDXC SDHC USBメモリー Sandisc Transcend Cruzer Switch SDCZ52-008G ADATA C802

  • SDHCカード(4GB~32GB)、SDXCカード(64GB~256GB)
  • CFカード TypeI(1GB~128GB)
  • USBメモリー(2GB~64GB

この中でUSBメモリーへは直接録音ファイルを保存することができず、SDカードやCFカードからのコピーやファイルの再生に限られます。つまり録音を行うには対応したSDカードかCFカードが必要になるわけです。

余っているSDカードがあったか、記憶を探りましたが見つかりません。カード類をまとめておいてあるトレイを見ても、見当たりません。CFカードは最近ほとんど使う機会がありませんが、1つだけ持っていたのを思い出しました。

故障したVAIO TypeU

私が社会人になってから始めて購入したモバイルパソコン SONY VAIO TypeU VGN-U70Pですが、今では故障した状態で棚の奥にしまわれています。ACアダプタで通電すると、ランプは点灯しますが、電源が入らないので、基板のどこかが壊れているのでしょう。

このVGN-U70Pは20GBしかHDD容量がなく、常にデータ容量が不足している状況だったので、カードスロットにCFカードを常時挿入して容量を拡張していたのを思い出しました。

ホームシアター オーディオ ネットワーク ハイレゾ・マスターレコーダー TEAC SD-500HR レンタル ノイズ測定 Audacity 無音 解析 スペクトラム 分布 周波数 帯域 CFカード SDカード SDXC SDHC USBメモリー Sandisc Transcend Cruzer Switch SDCZ52-008G ADATA C802

もう10年以上は前のコンパクトフラッシュだと思いますが、Trancend TS16GCF133 16GBです。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link
error: コピー禁止