死蔵品処分の行方2017年3月(1)電源ケーブル他

死蔵品の処分を進める

年始と2月に身の回りにあるオーディオビジュアル系のアクセサリで使っていないものをリストアップして、引き取り手を募集する記事を書きました。

休眠機器の処分 1か月ほど前のことですが、以前シアタールームで録画データの編集用に使っていた液晶ディスプレイIODATA LCD-MF221XBRを引き取り手が現れたので処分しました。 新築時にシアタールームを作って...
休眠機器に加えて増えたプリメインアンプ 今年の目標に掲げている死蔵品の処分(1)ですが、SONY BRAVIA KJ-75X9400Cのトラブル対応でしばらく処理が進んでいません。 HDMIケーブルWIREWORLD UHH...

何点かはこのブログなどでコメントをいただいて、お譲りすることができましたが、引き取り手がなかったものは、ショップなどに売却するかオークションなどで売却をするつもりでした。

腰痛が悪化してしまい、身動きが取れなくなって処分が棚上げになってしまっていましたが、ようやく腰痛の回復とともに、処分を進めることができるようになりました。今回引き取り手が決まったのは以下のアイテムたちです。



ドナドナサレタシナジナ(品々)

OYAIDE PA-23 ZX(3.0m)とOYAIDE PA-22 ZX(1.3m)

PA-23 ZXは以前はプロジェクタのために使っていましたが、電源工事をした後数十cmで足りるようになり、3mという長さはもてあましてしまってお蔵入りしていました。

PA-22 ZXはケーブルが硬く取り回しが難しいので、現在の環境ではうまく使うことができず、しばらく死蔵されていました。

いずれもPCCOC-Aのケーブルなので、今後入手が難しくなる可能性もあり、手放すのは少し惜しかったですが、所有していても宝の持ち腐れ、ということで売却しました。2つ合わせて購入金額の半分以下といったところですね。

ACOUSTIC REVIVE RLI1GB-TRIPLE-C

キッカケはLAN上のノイズがどこからやってくるのかを知るために使ったLAN用ノイズフィルタ八光電機製作所 DMJ100BTで、効果があることが分かってから、LAN上のノイズからネットワークオーディオプレーヤーを切り離すために導入しました。

その効果には満足していましたが、もっと根本的な対策を打つ必要があると感じて、光メディアコンバータの導入に踏み切ったことで、私の環境では必要なくなってしまいました。

オーディオ専用ネットワークの構築 今まで、ネットワークオーディオは家庭内LANの一部として運用されていました。ルータから各部屋へと接続するスイッチングハブを経由して、シアタールームのスイッチングハブに接続。さらにネットワークオーディオ専用...

次の活躍の場を与えるために、とある業者さんに引き取っていただき、結構いい価格で引き取ってもらえました。人気の高い製品だからですかね。

次のユーザーの元で活躍してくれることでしょう。

AUDIOPRISM Quiet Line MK3

効果はしっかりと感じることができますが、電源工事やタップの整理などで挿す口もなくなってしまい、活躍の場を失っていました。だいぶ使用感はありますが、まだ現役で動作するので次の活躍の場を求めて、1つは旅立っていきました。こちらも購入金額の半分くらいでしょうか。まだ2つありますがこちらも処分を進めます。

XIM4

Final Fantasy XIVで使おうと思いましたが、対応ゲームではないことが確認できて、使い道がないまま放置されていました。待っていても対応する様子もなく、動作確認のためにつないだ数回だけの起動でこのまま眠らせておくのはもったいないので、売却に踏み切りました。こちらも購入金額の半分くらいでしたね。

まだまだ死蔵されている品々がたくさんあるので、売却しなくてはいけませんが、売却も手間がかかるのでなかなか大変ですね…。

新しいアイテムは結構良い値で買い取ってもらえますね。

アイテムはいらなくなったらすぐ売るべし!ダンシャリ、断捨離!

…といいながらまた新しいアイテムを購入してしまうんだな、これが…。

Her-
↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link
error: コピー禁止