8/1予約公開機能の不備により公開が遅れました。

8K対応への準備(4)Marantz AV8805Aの試聴機の交換と設置

8K/4K/HDR&DolbyAtmos

AV8802AからAV8805Aの入れ替えを想定しながら

2021年2月にPlaystation5 Digital Editionを家族から譲り受けたことを発端に、シアタールームの8K化を検討し始めており、8K/HDRテレビはまだ現実的に入手が難しい所ですが、AVプリアンプはMarantz AV8805Aという選択肢が出てきたため、懇意にしているショップから自宅貸し出し試聴をさせてもらうことになりました。

ホームシアター AVプリアンプ Marantz AV8805A AV8802A 後継機 DAC 旭化成エレクトロニクス ESS SONY BRAVIA KJ-75Z9D 光ファイバーHDMIケーブル 相性 自宅試聴

2016年に4K/HDRとオブジェクトオーディオに対応するために導入したMarantz AV8802Aの二世代後の後継機となるAV8805Aは、11.2chから13.2chへの増加に伴う多少のインターフェースのレイアウトの変更はありつつも、おおむねAV8802Aのレイアウトを踏襲しており、入れ替えに大きな懸念は今のところないようです。

8K対応への準備(3)Marantz AV8805Aの試聴機到着②旧モデルとの違い
AV8802AとAV8805Aの違い Playstation5の導入をキッカケとして、シアタールームの8K化を検討しています。ゲームでも8Kに対応しているものでプレイしたいものもまだなく、コンテンツはNHKの繰り返し放送くらいしかない状況...

AV8802AとPOA-A1HD

現在利用中のAV8802Aでは各端子にはそれぞれAudioQuestノイズストッパーキャップなどを装着してノイズ対策と端子の保護を行っていますが、これらは取り外しが非常に面倒なので今回AV8805Aには移動しません。

ホームシアター AVプリアンプ Marantz AV8805A AV8802A 後継機 DAC 旭化成エレクトロニクス ESS SONY BRAVIA KJ-75Z9D 光ファイバーHDMIケーブル 相性 自宅試聴

AV8802AAV8805AもAVプリアンプなので、別途マルチチャンネルパワーアンプが必要になりますが、こちらについては2009年に導入したDENON POA-A1HDという10chパワーアンプを利用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました