2019/11/3ブログをリニューアルしました!

D-RENをDENON POA-A1HDに装着~WINBAGが活躍~

SUNSHINE/ABA

WINBAGはオーディオと相性がいい

通常のオーディオ機器は、インシュレータがついているので足元には隙間があります。WINBAGは薄いので、その開いた隙間から足元にするっと差し込むことができ、ポンプを使って膨らませれば、100kgまでの機器なら持ち上がります。

その形状が不均一であるために持ち上げたときの安定性が欠点ですが、D-RENを挿し込む程度の高さであればそれも問題にはなりません。重量級であることが多い本格的なオーディオ機器の足元を調整するにはとても便利で相性のいい道具だと思います。

POA-A1HDの下にWINBAGを入れて少しだけ持ち上げます。やってる最中にポンプに空気を入れていて、途中で空気が押し込めなくなって気づいたのですが、POA-A1HDの上にはSOUNDMAGIC STB-1を装着していたので無理やり持ち上げていたら機器が壊れていたかもしれません。(危なかった…。)

しかし、冒頭にも書いたとおり、POA-A1HDの足は5つです。少し浮かせた程度では、5つ目の脚に手が届きません。そこで手元にあったカーボンの板にD-RENをのせて、ピザを釜に入れるときの要領で、中央の足に挿し込みました。

D-RENはゴム素材のためにラックの上を滑ってくれません。こういう作業をするときに融通が利きにくいのが欠点です。特に片手で重い機器を持ち上げて、片手でインシュレータの下にD-RENを調整するのは結構厳しいですんですよね。

フロントと中央にD-RENを入れた後、左右にもWINBAGを入れて持ち上げ、リアの左右の脚にもD-RENを装着しました。私の環境はラック裏に入ることが困難なのでWINBAGの使い勝手の良さは非常に助かります。

装着後の音について

パワーアンプは環境全体に影響するので、いろいろな機器で試聴してみました。

ネットワークオーディオ

まずはMarantz NA-11S1で再生した音を聞いてみます。試聴した曲はFINAL FANTASY XV Original Soundtrackです。以前ハイレゾで購入しダウンロードした音源(flac 96kHz/24bit)です。

以前ハイレゾで購入しダウンロードした音源(flac 96kHz/24bit)です。

moraでハイレゾ「FINAL FANTASY XV Original Soundtrack」を購入
どれを購入しようか迷っていたFINAL FANTASY XV Original Soundtrack、Blu-ray Disc版、CD版、ハイレゾ版と大きく分けて3種類、細かく分けると7種類あります。自分が使うのは基本的にネットワークオーディオしかありえない、CDをリッピングするかハイレゾをダウンロードするしか…

音に厚みが出て膨らみ前に出てくる印象で、空間表現がやや狭くなります。前後の厚みが出るせいか、前後関係の描写がやや甘くなります。やはりD-RENの特徴である低音のダンピング感は感じられますね。

ピアノの音が響きが固く感じ、ベルが響く音はより金属っぽい高音の響きですが、やや柔らかみに欠けます。全体的に中音域の柔らかみが後退しややソリッドになった印象があり聞き疲れする可能性がありますね。D-RENの変化としては珍しいなという印象です。



SUNSHINE/ABAアンプオーディオ&シアター
スポンサーリンク
Hermitageをフォローする




Bells of Hermitage~エルミタージュの鐘~

コメント

タイトルとURLをコピーしました