電源/アース/バッテリ関連一覧

FINsix世界最小65W ACアダプタDARTが欲しい

下の画像を見てコンセントプラグの付いた物体は一体何に見えるだろうか?スマートフォンなどをUSB端子で充電するためのACアダプタ?いや、これはモバイルパソコンなどに使うACアダプタなのです。私もつい最近このACアダプタの存在を知ったのですが、FINsixが開発した「世界最小65W ACアダプタ DART」というそうです。

パワーアンプの電源ケーブルがしっくり来ない理由は…

この写真は、POWER REFERENCE-TripleC(STANDARD仕様)のインレットプラグを交換するために開けたところです。見ていただければすぐに気づく方もいらっしゃるでしょう。アース線がありません…。我が家のシアタールームの機材はパワーアンプからの1点アースを採用しています。それが切れてしまっていたのです。

WaversaSystems WSmartHubのレビュー~ファーストインプレッション~

先日、AudioQuestの最高峰LANケーブルEthernet Diamondと共にWaversaSystems WSmartHubをお借りしました。WSmartHubは、発売当時から興味があり、自宅環境とどのくらい差があるのか、いつか自宅試聴できる機会があればと思っていた機種です。今回はそのレビューをお届けします。

電源ケーブルの単線化(8)POWER REFERENCE-TripleCの004仕様とSTANDARD仕様の入れ替え

新しく基幹システムの電源ケーブルとしてAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleCを用意して、主要システムの電源ケーブルを上流側から順番に変更するテストを重ねてきました。懸念していたバランスの問題は生じずに順調に来ましたが、最後の最後、パワーアンプでしっくり来ない状況に陥りました。

電源ケーブルの単線化(7)DENON POA-A1HDとAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

基幹システムに使ってきたAudioQuest NRG-5をPOWER REFERENCE-TripleCに変更して、全体のバランスに問題ないか、DVD-A1XVA、DMP-UB900、AV8802Aの電源ケーブルを変更し、根元の電源タップComplete-4IIも変更してテストし、次はDENON POA-A1HDです。

電源ケーブルの単線化(6)Chikuma Complete-4 IIとAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

これまでシステムの基幹となる部分にはAudioQuest NRG-5という単線電源ケーブルを長年固定して使ってきましたのをPOWER REFERENCE-TripleCに変更して、全体バランスに問題がないか慎重に見極めます。今回はこれまで変更した機器の根元となる電源タップChikuma Complete-4 IIです。

Telegärtner M12 Gold Switch用電源SFORZATO SFZ-RBR-1-M12TとAcoustic Revive RBR-1の販売終了の噂

SFORZATOがカタログに載せたTelegärtner M12 Gold Switch用電源SFZ-RBR-1-M12Tがあります。これはAcoustic Revive RBR-1のカスタマイズ品ですが、カタログへ掲載されたとたん、残り少なかったRBR-1が急に売れ出して在庫不足になり、販売終了になるそうです。

電源ケーブルの単線化(5)Maranatz AV8802AとAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

これまでシステムの基幹となる部分にはAudioQuest NRG-5という単線電源ケーブルを長年固定して使ってきましたが、これをPOWER REFERENCE-TripleCに変更して、全体のバランスに問題がないか見極めていきます。今回はホームシアターの中心となるAVプリアンプMarantz AV8802Aです。