2019/12/3 利便性を損なわないことからAMPエラーに対応するためAMP設定を解除しました

NAS

fidata/RockDisk

RockDisk for audioとQNAP TS-119を聞き比べ

先日購入したRockDisk for audioのデータのコピーが終わりました。QNAP TS-119と比較すると、電源面ではやや不利な状況での試聴になりますが、現状アナログ電源が手元に余っていないので、まずはRockDisk for audioは標準のACアダプタのまま試聴することにします。
fidata/RockDisk

RockDisk for audioの設置とデータのミラーリング

RockdiskNextがうまくライブラリを作ってくれない不具合があり、DLNAサーバとしては使えない状況に加え、ブログのデータをバックアップするためのNASが欲しかったこと、その他、NAS類の老朽化など、諸事情により購入することになりましたRockDisk for audioが届いたので、そのレビューとなります。
fidata/RockDisk

RockDisk for audioの購入を検討

最近オーディオ用途で使っているQNAP TS-119に搭載している1TBのディスクも、やや容量が危険域に達してきていて、ディスクを2TBに交換しようかと考えていたのです。一般的な製品に近い価格でオーディオ用途に向いている製品ということで、以前から興味のあった、IODATA RockDisk for audioを購入。
NAS

シアタールームのネットワーク機器からACアダプタを排除

光メディアコンバータで、電気的ノイズから隔離したネットワークオーディオ専用ネットワークについて、ネットワーク機器はACアダプタを必要とするものばかりですが、ACアダプタをすべて排除してしまおうという目論見で中村製作所 RAC-012を購入。必要なケーブルもそろったところで実際に変更してみることにしました。
NAS

音楽ファイルライブラリ構築(2)2008年~

本格的なオーディオシステムを導入してから、従来のmp3を主体とした音楽ライブラリは活躍の場を失っていきましたが、DLNAの登場でまた新しい音楽ライブラリの構築が必要となり、ロスレスやハイレゾに対応した音楽ライブラリを構築することになりました。
NAS

音楽ファイルライブラリ構築(1)2000年~2008年

今をさかのぼること2000年頃、mp3というオーディオコーデックとの出会いがきっかけで、HDDに数十万曲という曲を保存して、LAN経由で再生するサーバを構築し、今のDLNA環境の先駆けとなるようなシステムを構築していました。数十万曲を管理するために、構造を工夫し直観的に曲の保存先が検索できるライブラリを作っていました。
Marantz

ネットワークオーディオ再生中のパケットエラーを計測してみる

以前、私がこのブログを書いているデスクトップパソコンのパケットを計測した記事を書いたことがありました。その際は、10GB程度の通信でエラーパケットはありませんでした。今回は実際にネットワークオーディオで音楽再生をした際のエラーを計測してみます。
NAS

MISTRAL EVA-Uminiをレビュー②QNAP TS-119に試す

もう家で放置されて久しいMISTRAL EVA-Uminiを試してみることにした。Marantz NA-11S1に試してみましたが、ほとんど効果を感じることができませんでした。そこで、ラック上のレイアウトを変更して本来の目的であるQNAP TS-119に使ってみてレビューしなおすことにしました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました