Marantz一覧

Acoustic Revive ショートピンSIP-8Q&BSIP-2Q/防振キャップ IP-2Qをレンタル

3種類の複合制振機構 先日、TOMOCA R-08というショートピンをテストしてみましたが、ショートをして回路を閉じたことによる一定の効果はあるものの、全体としては音の硬さやささくれ感が悪化したような印象を受けました。 そこ...

AVプリアンプ Marantz AV8805を試聴レビュー~AVAC国内先行イベントフェア~

AVAC本店での至福のひと時 3月中旬に発売が予定されているMarantz ハイエンドAVプリアンプAV8805が、AVAC各店舗で国内先行イベント・フェアが行われるというので、情報を聞いて即申し込みをして2018年3月10日に実際にAV...

電源ケーブルの単線化(5)Maranatz AV8802AとAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

これまでシステムの基幹となる部分にはAudioQuest NRG-5という単線電源ケーブルを長年固定して使ってきましたが、これをPOWER REFERENCE-TripleCに変更して、全体のバランスに問題がないか見極めていきます。今回はホームシアターの中心となるAVプリアンプMarantz AV8802Aです。

電源ケーブルの単線化(2)電源ケーブルの交換手順

現在使用中の電源ケーブルを交換可能なものは全て単線化したいと、切り売りのAcoustic Revive EE/F-2.6TripleCを考えていましたが、POWER REFERENCE-TripleCなら10年近く固定してきた土台となる主要機器の電源ケーブルとして使えるかもしれないと、まとめてテストすることにしました。

AudioQuest Cheetah XLRケーブル 1.0mを入手~Rさんからの頂き物~

以前Rさんの日記を読んでいると、不要アクセサリの処分をする記事がありました。その中にAudioQuest Cheetahという銀製ケーブルがありまして「発送はしないけど、欲しい方がいればあげます」というのに誰も手を上げていませんでした。誰もいないのなら…と「AudioQuestマニアが引き取ります」と申し出ました。

ラックレイアウトの変更(7)各機器の起動と音出し確認

壁寄せラックの撤去とラックの再構成、ケーブルの配線、テレビの再設置と順調に進み、機器の再設置作業は完了しました。この日の目的は「とりあえず全ての機器を使えるようにする」なのでわき目をふらずに進めます。残っている作業は各機器の起動チェック、スピーカーの音出し確認、各プレーヤー、放送波の再生確認です。