Audio Replas CPC-35SZ?CPC-35SZ/SE?の入手と見分け方?

CPC-35SZとCPC-35SZ/SEの見分け方?

電源系のオーディオアクセサリーとして、物量や見た目にも驚く製品を数多く排出しているメーカーにAudio Replasがあります。電源タップのフラグシップモデル「Triangle Power6-SIG-MK2」は10kgという超重量級モデルを、わずか30台限定、780,000円(税抜)という価格で発売されました。

また、コンセントプレートとしても、40mm厚、910gとコンセントプレートとしては考えられない重量と厚みを誇る「CPP-2SZ/HG」も見た目のインパクトが凄いオーディオアクセサリだと思います。

本体には、航空機用特殊アルミ合金で、その上に装着される表層プレート部は特殊銅合金という二段構えに本体の内部の溝には特殊合金パウダーを充填されています。いずれも試聴したことはありませんが、そのコンセントプレートの末弟といえる品の中古品を入手するに至りました。



Audio Replas CPC-35SZ?CPC-35SZ/SE?

URTRA SZのシールからAudio Replas製品であることはわかるものの、この見た目の商品は私が知る範囲では2種類あります。

ホームシアター オーディオ コンセントスタビライザー Audio Replas CPC-35SZ CPC-35SZ/SE 見分け方 購入 中古 レビュー Triangle Power6-SIG-MK2 CPP-2SZ/HG

CPC-35SZCPC-35SZ/SEです。さてどちらなんでしょう?



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link

コメント

  1. 青フォレ より:

    まあとりあえず、トランスのコンセントに1票かなぁ~。

    • Hermitage Hermitage より:

      青フォレさん、毎度コメントありがとうございます。
      トランスのコンセントは振動に敏感なので使います。あとは壁コンセントですね。1つ1つ効果を確認しながらやってみます。