家のリフォームの可能性が浮上

そこに机のように使えるスペースがあり、サーバーやリッピング環境なども集まったマシンスペースになっています。

ピュアオーディオ ホームシアター AV機器とネットワークの融合 リフォーム リノベーション 電源工事 LAN工事 二世帯化

東にシアタールーム、西にプレイルーム(物置)があり、映画に音楽、漫画にダーツなどが楽しめる3階全体が遊び場のようなスペースになっています。

以前はこの家に4人で暮らしていましたが、今は2人ですから2部屋空いている状態です。



どう分割するか?

まだ本当にリフォームするのか、決定には至っていませんが、家の構造的には、「1階」と「2階と屋根裏スペース」を切り離す二世帯化を想定して建築された家の構造になっていて、現在は家主が1階にいて、私は2階の一部屋を私室として、屋根裏スペースをシアタールームとして使っています。

ピュアオーディオ ホームシアター AV機器とネットワークの融合 リフォーム リノベーション 電源工事 LAN工事 二世帯化

最初の案は、上記のスペースを全て残す形で、2階に玄関を設けて、2階の使っていない部分中心に仕切って分離し、家の外に部屋と外階段を増設する案が考えられていたそうです。秘密裏にことが進んでおり私は聞くまで知らなかったので、聞いたときには青天の霹靂でした。

家主は高齢なので、今後のことを考えると1階に住居があった方がいいですが、幸い健康で非常に活動的なので、足腰もしっかりしていて、階段の上り下りも全然問題ない状態です。

家をいびつな形で分割するのは、居住スペースとしても建物としてもあまりいいことではないと思うので、今のところは2階以上を従来の住居として、1階部分を切り出して新しい住居として使う方がいいのではないかと、分割方法について議論を重ねています。

いくつか残る課題

ひとまず従来のシアタールームは確保できそうですが、物を置くスペースは確実に小さくなるでしょうし、機器のダンボールなども積んであったりするので、その荷物をどうにかしなくてはピュアオーディオシステムは構築できません。

また電気系統は分割する必要が出てくる可能性がありますので、もし工事が必要ならオーディオ向けの電源工事をしてしまおうかと思っています。

ピュアオーディオ ホームシアター AV機器とネットワークの融合 リフォーム リノベーション 電源工事 LAN工事 二世帯化

後はインターネット回線とLAN配線の問題ですが、我が家の壁内には10年以上前の建築当初からCat.6のLANケーブルを敷設してあります。それを屋根裏スペースで集約しています。

ピュアオーディオ ホームシアター AV機器とネットワークの融合 リフォーム リノベーション 電源工事 LAN工事 二世帯化

1階は無線LANだけにする手もありますし、家族なので共有してしまうのもひとつの方法ですが、どう分割するのかは課題として残りますね。

部屋の構成や仕切り方など、いろいろ課題は残りますが、見積もりで徐々に明らかになっていくことでしょう。

Her-
↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link

コメント

  1. あゆっち より:

    度々すみません・・・我が家は二階建の二世帯ですが、映画やライブのBDを視聴するときは爆音で視聴したいので休日の12~18時の家にだれもいない時間帯での視聴に限られます(笑
    これが誰かいたらとてもじゃないけど爆音で視聴できないのでドルビーアトモスやDTS:Xの良さを堪能することなんかできません。まずは一軒家であるということは環境的に恵まれていますが、それでも視聴時は部屋の雨戸をしめ切って、できるだけ外への音の漏れを防いでいます(笑
    とはいえ下の部屋もしくは上の部屋に誰かしらいたらそれもできませんので、今後そうならないことを願うばかりですが、映画館ばりの臨場感を出して視聴したいものにとっては環境ありきなんですよね。

    • Hermitage Hermitage より:

      あゆっちさん、コメントありがとうございます。
      確かに二世帯となると音漏れはかなり気になりますね。
      少し防音を強化したいところです。

error: コピー禁止