アナログ電源の導入に伴い電源タップを整理(2)AV機器とネットワーク用電源タップ

主要機器以外にも、レコーダやゲーム機、ネットワーク機器などに必要な電源を、部屋の共用電源から供給している電源があります。ここ数ヶ月で、ACアダプタを必要とする、機器がアナログ電源や、トランス型ACアダプタへ置き換わり、それまで使っていたたタップの電源口をそのまま使っていてたので、これを他のタップへと移すことにしました。

アナログ電源の導入に伴い電源タップを整理(1)~主要機器の電源~

私がオーディオ用に使っている電源環境は一般的な家庭にある分電盤から、メイン機器用に専用で子ブレーカーから供給されている電源と、シアタールーム全体と共有している電源から供給している電源に分けられ、CHIKUMA Complete-4 IIには主要な機器が接続されていますが、この電源について接続を一部変更しました。

D-RENで遊ぶ(5)~Playstation4~

シアタールームの用途として、映画の再生、音楽の再生などいろいろある中で利用用途の中でも大きな割合を占めるゲーム機Playstation4、もうまもなくPlaystation4 Proに入れ替える予定ですが、今回はD-RENをPlaystation4に使ってみることにしました。

LANケーブルの方向性を確認してみる

AudioQuestのLANケーブルにはコネクタに矢印がついていて方向指定があります。この方向を音楽データが流れる方向に沿って、つまりNAS→HUB→Playerの方向に沿って接続します。他のケーブルでも同様の変化が感じ取れるのではないか?と思ったので、現在使っている他のLANケーブルを反転して使ってみることにしました。