SONY DLC-9150ESをDMP-UB900の音声用HDMIケーブルとして試す

音が良いHDMIケーブルっていうけど…本当?

以前、Panasonic DMP-UB900のレビューをした際に、音質がやや腰高で物足りないという感想を持ったことで、眠っていたHDMIケーブルAUDIOQUEST HDMI-3DMP-UB900の音声出力用のケーブルとして交換したことがあり、音声出力を重視して作られたHDMIケーブルを密かに探していましたが、先日SONY DLC-9150ESを入手することができました。

音声出力に適したHDMIケーブル 以前、Panasonic DMP-UB900のレビューをした際に、音質がやや腰高で物足りないという感想を持ったことで、眠っていたHDMIケーブルAUDIOQUEST HDMI-3をDMP-UB900の音声...



音声用HDMIケーブルは丸型の方が好み

Panasonic DMP-UB900では映像音声分離出力を行っており、映像用HDMIケーブルにはAIM PAVA-R01(1.0m)を導入当初から使っていて、音声用HDMIケーブルは今回のケーブルで3本目となります。

WireWorld PSH(シリーズ6)(定価:80,000円(税別))

WireWorld PSHは導体はソリッドシルバー(純銀ソリッド線)で、端子カバーはカーボンファイバー、端子は高純度銀の金メッキ仕様と豪華な仕様になっています。現在2本所有していて、1本はPanasonic DIGA DMR-BZT9000、もう1本は箱の中で眠っています。

私の所有しているHDMIケーブルはもう新しいものは、テレビを購入したときに長さが不足して追加したKORDZ LUX High Speed with Ethernet HDMI cableくらいですが、新しいケーブルを欲しいと思わないのはWireWorld PSHの映像品質が安定していると感じているからかもしれません。このケーブルは最大伝送速度30Gbpsを伝送できるケーブルなので、現在の4K/HDR伝送に必要な拡張フォーマット18Gbpsの伝送にも対応できます。

音声についても比較的バランスの良いケーブルですが、DMP-UB900との組み合わせでは、やや腰高の印象になります。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link
error: コピー禁止