交換後も続くBRAVIA KJ-75X9400Cの不具合…、画面が半分消えた!

勝手に再起動問題の終わりは見えない

先日、ずっと悩まされているSONY BRAVIA KJ-75X9400Cの再起動頻発の不具合と思われる症状について、サービス窓口へ連絡をして修理に来ていただき、予防保全としてメイン基板を交換してもらいました。

ホームシアター 4K/HDR SONY BRAVIA KJ-75X9400C 再起動頻発 故障 修理 基盤交換 画面半分映らない 不具合

SONY BRAVIA KJ-75X9400Cの再起動問題 昨年2016年1月6日にAndroidテレビSONY BRAVIA KJ-75X9400Cは我が家にやってきました。 導入当初から動作の不安定なところがあり...

メイン基板を交換した直後にかんたん初期設定を行った後、突然KJ-75X9400Cが再起動が発生しその後も様子を見ていましたが、再起動に加えてどうも以前とは異なった症状が発生しています。結局メイン基板の交換では解決しないようです。



基板交換後の不具合発生経緯

KJ-75X9400Cの基板を交換した後、不具合が発生したタイミングをメモしておきました。

ホームシアター 4K/HDR SONY BRAVIA KJ-75X9400C 再起動頻発 故障 修理 基盤交換 画面半分映らない 不具合

従来の不具合に加え新たな不具合も発生しています。

交換した日
16:18 交換が終わりサービスの方が帰られた後、初期設定をやり直した直後に勝手に再起動。

2日後
15:59 VODサービスをアプリケーションで視聴中に突然再起動。

5日後
15:55 ゲームをプレイ中に勝手に再起動。
20:32画面に点線の表示が発生したので手動で再起動。
20:39 HDMI入力4で画面左半分が映らなくなり、一度放送へチャンネルを変えて復帰。

6日後
16:04 VODサービス再生中に勝手に再起動。

7日後
15:37 VODサービス再生中に勝手に再起動。

8日後
16:00 電源を入れようと思って電源ボタンを押したが反応せず。テレビ本体の電源ボタンでも反応せず、結局電源ケーブルを抜いてしばらく放置した後ようやく起動。

この間Panasonic DMP-UB900を使って映像音声分離出力を使って視聴したのは、交換した日、翌日、3日後、6日後の夜、7日後の21:00以降に視聴していますが、交換直後と5日目にゲーム中に再起動して以降の不具合は、再起動後に映像音声分離出力を使っていないのに勝手に再起動が発生しているので映像音声分離出力とは直接関係のない再起動といえるかもしれません。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link

コメント

  1. daisi より:

    画面が半分消えている状態はかなり衝撃的です。

    拝見しているとテレビ自体の問題のようですが、メーカーがHDMIを最初に疑っているのは興味深いですね。
    コンテンツを守りたい気持ちは分かりますが、HDCPがいかに邪魔をしているかですね。
    アナログで接続していたころは、機器同士の相性なんて考える必要なかったのに。。。

    • Hermitage Hermitage より:

      daisiさん、コメントありがとうございます。
      暗号化してコンテンツの保護をしたいと思うのは当然のことでしょう。いたずらにコピーされてしまえば、著作権を持っている人たちは生活を脅かされますからね。
      HDMIの認証とセレクターの間に、不具合を起こす理由があるのかもしれませんが、AVアンプやHDMIセレクターの存在を考慮に入れていないのだとしたら、それは設計に問題があると思います。
      それがHDMIという規格の不具合なのか、メーカーの設計の問題なのか、メーカー独自の仕様のせいなのかはまだわかりませんが、後日説明していただく予定の技術者の方からは納得のいく説明をしてもらいたいですし、何が不具合の理由なのかハッキリしてもらわないととは思っています。
      あんまりクレーマーのようになりたくはないんですが、とにかくストレスなく使える状態にして欲しいです。