6/16公開予定の記事を誤って6/15に公開してしまったため後日公開にさせていただきます。

ケーブルインシュレータAcoustic Revive RCI-3H(1)スピーカーケーブルAcoustic Revive SPC-REFERENCE-TripleC

Acoustic Revive

左右に2つずつ

これまでは左右に1つずつインシュレータPB-22を使っていましたが、しっかり床から浮かせるため左右に2つずつRCI-3Hを使ってみます。

オーディオ ケーブルインシュレータAcoustic Revive RCI-3H SPC-REFERENCE-TripleC R-AL1 POWER REFERENCE-TripleC RTP-4 absolute GTX-D NCF(R) DALI Helicon 800 DENON PMA-SX1 中村製作所 NSIT-200Q メルコシンクレッツ DELA 山本音響工芸 黒檀製三角セッティングベース PB-22

試聴システム

試聴システムは以下のとおりです。

オーディオ ケーブルインシュレータAcoustic Revive RCI-3H SPC-REFERENCE-TripleC R-AL1 POWER REFERENCE-TripleC RTP-4 absolute GTX-D NCF(R) DALI Helicon 800 DENON PMA-SX1 中村製作所 NSIT-200Q メルコシンクレッツ DELA 山本音響工芸 黒檀製三角セッティングベース PB-22

  • スピーカー:DALI Helicon 800
  • プリメインアンプ:DENON PMA-SX1
  • ネットワークオーディオプレーヤー:LUMIN X1 -Black model-
  • NAS:メルコシンクレッツ DELAモニター試聴機

電源はPMA-SX1X1NSIT-200Qから取り、DELAは別の電源タップAcoustic Revive RTP-4 absoluteから取っています。

鮮度感

音場が上下左右前後により広がり、空間が開けたような印象を受けます。音の柔らかさがありつつ、音の鮮度感が増すため、全体的に明るい音調に感じられます。

ボーカルや楽器のそれぞれの音のセパレーションが高く、ベルやチャイムの音には、煌びやかで生々しく音数に溢れ、バイオリンには切れを増し、音の広がりもふくよかに感じられます。低音にはダンピング感が増し、リズミカルな印象を受けます。

硬いケーブルの方が効果は大きいかも

スピーカーケーブルを床から浮かせることによって音のセパレーションが高まることは、以前からわかってはいましたが、これほど鮮度感が増すのは少し驚きますね。ケーブルが硬いので振動を吸収減衰しにくいため、ケーブルインシュレータによる影響も大きく表れるのかもしれませんね。

さて、8個お借りした内の4つが残っています。床を貼っているケーブルはまだ数本ありますので、そちらも試してみたいと思います。

ケーブルインシュレータAcoustic Revive RCI-3H(2)電源ケーブルAcoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC(東)
瑞々しい オーディオ再生中にはスピーカーから出る音などによって床や壁が振動しています。ケーブルを床に接した状態で置いておくとスピーカーから出る音などの影響を受けて、余計な振動が伝わってしまうことから音を濁す原因となります。 ...

Her-
↓↓↓関連記事はこの下にあります、引き続きお楽しみください↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました