Sponsored Link

<F1>新チャンピオンの誕生と引退

新チャンピオンの誕生

20110923-rosberg

私がニコ・ロズベルグに注目し始めたのは、2010年に引退から復帰したミハエル・シューマッハのチームメイトとしてでした。それまであまり私の中で速いドライバーという認識ではなく、元チャンピオンJr.という認識でしかありませんでしたが、最多年間ドライバーズタイトル(年間チャンピオン)獲得者で生ける伝説であったミハエル・シューマッハのチームメイトとなってから、年間総合ポイントで常に上回ってみせたニコ・ロズベルグというドライバーが優秀なドライバーであると認識させられました。

20130213-hamilton

その後、2012年を最後にミハエルシューマッハが2度目の引退をし、不幸な事故でメディアの前から姿を消すと、メルセデスAMGペトロナスF1チームは2013年から速さでは現役ドライバーの中でも1、2を争うといわれていたルイス・ハミルトンをニコ・ロズベルグのチームメイトとして迎え入れ、その年コンストラクターズタイトル2位でシーズンを終えました。

翌年から大幅なレギュレーションの変更に、素晴らしい対応をして、圧倒的な強さを誇るマシンを手に入れた、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグは、2人で異次元のチャンピオン争いを繰り広げ、2人で19戦中優勝16回、ポールポジション18回、ワンツーフィニッシュ11回とシーズンを通じて圧倒的なパフォーマンスを発揮して、コンストラクターズタイトルを獲得して、ルイスハミルトンがドライバーズタイトルを獲得しました。

その後も圧倒的な強さを誇るメルセデスAMGペトロナスF1チームは3年連続でコンストラクターズタイトルを獲得することになりましたが、最強のマシンを手に入れたはずのニコ・ロズベルグは、シーズン終盤でのマシントラブルの不運もあり昨年まで2年連続で、目の前でルイス・ハミルトンにドライバーズタイトルを持っていかれてしまいます。

20151027-hamilton

Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link