ODELIC調光システムと学習リモコン、eneloopの寿命

シアタールームの雰囲気作りに大切な調光システム

少し昔話から、2006年7月に今の家を建て直した際に、本来屋根裏部屋になるはずだった部屋をシアタールームとしました。屋根裏なので部屋は切妻型の部屋で音響的にはあまり良いとはいえませんが、シアタールームを作り始めたころは、オーディオの知識なんてほとんどゼロに近い状況だったので、少し防音に気を使った程度の部屋でしかありません。

しかし素人なりにホームシアターを作るときのこだわりみたいなものはありまして、それが部屋の調光システムでした。よく映画館などに行くと映画を見終わった後に照明がゆっくりと明るくなっていきますが、アレを再現したかったのです。

暗いときはほんのり照明をつけることもできますし、段階的に明るくすることもできますし、照明の電源をOFFからONにするとじんわり明るくなっていきます。

これはODELICというメーカーの照明で、このモデルはもう古くて存在していませんが、現在のモデルはタブレット端末などで無線経由で操作できるようになっていて、ルートロンなどと似たような家全体の照明管理などもできるように進化しています。

またLED照明を使うことで、フルカラーの調光などもできるそうです。シアタールームに使える調光システムは選択肢が増えていくとうれしいですね。ルートロンは高いので…。 



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link

コメント

  1. YS-2 より:

    いつも楽しく拝見しております。
    学習リモコンのネタでしたので、思わず書き込みさせていただきました。
    私はこれを愛用、便利です。
    下記をご参照ください。

    https://first-flight.sony.com/pj/huis

    • Hermitage Hermitage より:

      あ、これ私も買いそうになりました(笑)
      でも使いきれないのわかってて我慢しました…。