DTS:Xソフトを試聴して感じるDolbyAtmosの傾向の違い

BD-Rの経年劣化

先日、インデペンデンス・デイを視聴しようと思って、録り貯めたBD-Rライブラリから再生してみると、10年ぶりに再生されたその映像はBD-Rの経年劣化によってブロックノイズの嵐という斬新な映像に変わり果てていました。Panasonic DMP-UB900の性能を持ってしても美しい4K映像にアップコンバートするのは不可能だったようです。(当たり前)

4Kソフトを見る前に… 先日、海外版4K UHD Blu-rayソフトを購入しました。これで3度目になりますが、その中の1枚に、インデペンデンス・デイ:リサージェンスというソフトがあります。 この作品は前作のインデペンデンス...

続編のインデペンデンス・デイ:リサージェンスを見るために、一度インデペンデンス・デイを見直しておきたかったので、仕方なく4Kのインデペンデンス・デイ(国内盤)を購入しました。海外盤もこの作品は高いので、海外盤を購入するリスクを負う価値がありません。



インデペンデンス・デイ

その注文していたインデペンデンス・デイが届きました。

ホームシアター:4K/HDR Dolby Atmos DTS:X インデペンデンス・デイ 映画 ライブラリ 経年劣化 BD-R ブロックノイズ

4Kディスクとパフレット的なもの、裏をめくってやると、

ホームシアター:4K/HDR Dolby Atmos DTS:X インデペンデンス・デイ 映画 ライブラリ 経年劣化 BD-R ブロックノイズ

付属に完全日本語吹き替え版Blu-rayと特典映像用Blu-rayが同梱されていますが、個人的には4K以外でわざわざ見る意味もないので、枚数を減らして価格を下げて欲しいと思います。抱き合わせのBlu-rayは心の底からいりません。

ホームシアター:4K/HDR Dolby Atmos DTS:X インデペンデンス・デイ 映画 ライブラリ 経年劣化 BD-R ブロックノイズ



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link

コメント

  1. あゆっち より:

    こんにちは、以前コメントさせていただいた者です。
    最近我が家もサウンドバーをNT5+HG1のサラウンドから、アトモス/DTS:X対応のZ9F+Z9Rのサラウンドに入れ替えました。念願のアトモス/DTS:X対応SPですが、アトモスは頭上からの音響も感じますが全体的なパワー感と迫力がベースのドルビーTRUE/HDに比べ格段に違いますね。そしてDTS:Xはその上をいっており、まだまだ収録作品が少ないですが「スノーホワイト氷の大国/UHDBD」と「ワイルドスピード8/BD」を観たところ、前方左右上からの音響が感じられ、まさにスピーカーが二つ増えたような臨場感に包み込まれます!
    最近UHDBDは殆どがアトモス収録ですが、DTS:X作品はまだまだ少ないのが残念です。

    • Hermitage Hermitage より:

      あゆっちさん、コメントありがとうございます。
      DolbyAtmosに比べて、DTS:Xは収録作品も知名度も及ばないのが実情で、後れを取っている印象があります。
      上方への音の追加によって、包み込まれ感が感じられるようになりますが、それぞれ少し傾向が違って面白いですね。