DELA一覧

HDD搭載型DELAの天板の振動にバイブレーションキラーSTB-1

DELAモニター評価機はHDDを2台搭載しているので振動していますが、足元はTAOC製のハイブリッドインシュレータなので、シャシーの振動はそれなりに逃がせていると思いますが、どうやら天板は小刻みに振動しているようです。そこで天板にSOUNDMAGIC バイブレーションキラー STB-1を使ってみることにします。

DELA N1AのLANケーブルの交換 Acoustic Revive R-AL1→LAN-1.0 Triple-C(1.0m)

DELAの導入に伴い引退させたQNAP TS-119に使用していたLANケーブル Acoustic Revive R-AL1を最初のLANケーブルとして接続しました。DELAのローカルネットワーク接続用ポートのR-AL1をもう1つ上のグレードのAcoustic Revive LAN1.0 TripleCをに変更します。

DELA N1Aの電源ケーブルの交換(3)AudioQuest NRG-5

DELA モニター評価機を導入し、付属電源ケーブルからAudioQuest NRG-X3、さらにAET HIN AC EVOとテストしてみたが、徐々に静けさや音の広がり、解像度などは改善するものの音の硬さが取れません。そこでPlaystation4 Proに使っているAudioQuest NRG-5と入れ替えてみます。

DELA N1Aの電源ケーブルの交換(2)AET HIN AC EVO

先日導入したDELA モニター評価機について、まず標準ケーブルで試聴を行いましたが、音がかなり硬い印象。直前までアナログ電源に使用していた電源ケーブルAudioQuest NRG-X3へ交換してみると、改善の幅が大きいものの音にぬくもりが感じられず、硬質な印象を受けたので、別の電源ケーブルに変更してみることにします。

DELA N1Aの電源ケーブルの交換(1)AudioQuest NRG-X3

DELA N1Aの設置が終わり、素に近い状態での試聴してみると出てきた音は、これまで使ってきたIODATA RockDisk for audioの音とは静けさのレベルが明らかに高い音が出てきて一安心でした。しかし、20万円を超えるNASのパフォーマンスとしては物足りませんので、電源ケーブルから変更してみたいと思います。

DELA N1Aの中身を覗いて改造を妄想する

ようやく聞けるようになったDELA N1Aモニター評価機ですが、ラックに設置する前にカバーを開けて中身を覗いてみました。分解は本体の両サイドにあるネジを左右2本ずつ、リアの上部にあるカバーを留めている3本のネジを外します。あとはフロントからリアに向けてカバーをスライドして、上部に向かって持ち上げればカバーは外れます。

断捨離強化月間~2017年8月に処分したもの、導入したもの

2017年1月に溜め込んでいた死蔵品を一気に処分することを始めてから、毎月不要なものを見つけては処分するようにしています。旬を過ぎてしまわないように、すぐに処分する癖をつけておくことも大切ですし、ブログに書くことでその購入と処分のサイクルを回し続けられるようにしておこうと思います。今月の目玉はやはりDELAでしょう。

DELA N1Aの試聴レビュー~ファーストインプレッション~

先日、到着したモニター評価機のDELAですが、設置をした後、ファイルの取り込み方を検討した結果、ネットワーク経由での取り込みとなりました。かなり時間がかかりましたが、データの取り込みも完了したので、DELA N1Aの音とこれまで使ってきたNAS IODATA RockDisk for audioと比較してみます。

DELA N1Aのデータの取り込み~保存されるファイル構造についての理解

DELA HA-N1AH40-BK相当のモニター評価機がようやく届いて、とりあえず設置まで終わりました。早速試聴と行きたいところですが、まずは音源データのインストール(取り込み)から始めなくてはいけません。とりあえずマニュアルを読んで、音源データの取り込み方法を考えます。取り込み方法には大きく3つの方法が書かれています。

DELA N1Aモニター評価機到着~設置まで

先日、DELA N1Aのモニター評価機について、受け入れ準備をしていたところへ、DELAの発送の連絡がありました。とりあえずラックの右側上段に設置されていたQNAP TS-119とアナログ電源を撤去して、設置スペースは確保でき、受け入れの準備は整っています。発送連絡があった翌日の午後、待望のDELAの箱が届きました。

error: コピー禁止