Sponsored Link

<F1>レッドブル・ホンダをみてみたい~トロロッソ・ホンダとマクラーレン・ルノー誕生~

トロロッソ・ホンダとマクラーレン・ルノー誕生

イタリアグランプリが始まったあたりから、2018年のマクラーレンのエンジンがルノーになるのかホンダが継続するのか議論されてきたようですが、とうとうその決断が下されました。

F1 2017 2018 マクラーレン・ホンダ トロロッソ・ルノー エンジン不調 原因 振動 フェルナンド・アロンソ 移籍 残留 トロロッソ・ホンダ マクラーレン・ルノー

マクラーレンとトロロッソがホンダとルノーのエンジンを交換する形になり、トロロッソ・ホンダマクラーレン・ルノー誕生しました。それに伴い、カルロス・サインツJr.が2018年からルノーへ移籍することも交渉の過程で決まったそうです。となると2018年のトロロッソ1枠はホンダの育成ドライバーがシートに座る可能性も考えられますね。

レッドブルトロロッソマクラーレンルノーホンダの間で複雑な交渉がなされているという噂で夏休み明けから以下のような情報が話題に上り盛り上がっていました。

  • フェルナンド・アロンソはホンダを見限っている
  • マクラーレンはアロンソ残留のためにルノーエンジンが欲しい
  • ホンダはマクラーレンと継続したい、2018年以降の契約がある
  • メルセデス、フェラーリはマクラーレンにエンジン供給を拒否
  • ルノーは4台目のエンジンは供給しない
  • ルノーとトロロッソはエンジン供給契約が2018年も残っている
  • ルノーはカルロス・サインツJr.が欲しい
  • レッドブルはルノーエンジンの供給拒否権は発動しないと明言
  • レッドブルはトロロッソ・ホンダ実現を邪魔しない

この結果、前述したとおりトロロッソ・ホンダマクラーレン・ルノーが誕生したわけです。すべて円満解決だったかどうかは分かりませんが…。



ルノーとトロロッソの利害

以前からルノーが獲得を打診していたカルロス・サインツJr.を譲渡することをトロロッソおよびレッドブル首脳陣が容認したことで、このストーリーは一気に加速したようですが、ルノーとのエンジン契約を破棄することに合意し、ホンダに乗り換えることが可能になりました。

F1 2017 2018 マクラーレン・ホンダ トロロッソ・ルノー エンジン不調 原因 振動 フェルナンド・アロンソ 移籍 残留 トロロッソ・ホンダ マクラーレン・ルノー

トロロッソとしてはホンダの金銭的支援が獲得できれば、運営コストの負担を軽減できるので、メリットはあるでしょう。将来的にはホンダにチームごと買い取ってもらうという選択肢もあるかもしれません。

マクラーレンとフェルナンド・アロンソの思惑

マクラーレンとしては、100億円以上とも言われるホンダとの契約破棄に伴う違約金を支払ってでも来季のパフォーマンスを優先したいようで、ルノートロロッソの契約が破棄されるのを心待ちにしていましたが、マクラーレン・ルノーが実現し、これでおそらくフェルナンド・アロンソも残留するでしょう。

F1 2017 2018 マクラーレン・ホンダ トロロッソ・ルノー エンジン不調 原因 振動 フェルナンド・アロンソ 移籍 残留 トロロッソ・ホンダ マクラーレン・ルノー

このシナリオはこの人たちが描いたものでしょうが、これでマクラーレンは中団の先頭には立つことが出来るでしょうね。レッドブル・ルノーに勝てるとも思いませんし、フェラーリメルセデスAMGにも手が届かないでしょう。

フェルナンド・アロンソマクラーレンも表彰台に上がるくらいで満足できるのでしょうか?フェルナンド・アロンソはとても優れたドライバーだと今でも思っていますが、我慢しきれずにチャンスをフイにしてしまう悪い癖があります。フェルナンド・アロンソの悪い癖の影響でマクラーレンはヒステリックになって長期的な視野で判断できていないのかな…。

Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link