Sponsored Link

4K&Dolby Atmosシアター構築(3)~AVアンプの不調とDolby Atmosへの妄想~

AVP-A1HDの故障

前回の日記で4Kテレビを無事導入することができたことまではお話しました。

DolbyAtmos 4.1.2ch 4.1.4ch4K 天井埋め込みスピーカー インシーリングスピーカー 設置工事 SpeakerCraft Profile AIM5 Three Audioquest TP4.3 切り売り スピーカーケーブル バナナプラグ SureGrip300 BFA DIY

2016/6時点のシステム前景

4K&Dolby Atmosシアター構築(2)~4Kテレビの搬入と導入「KJ-75X9400C」~
屋根裏部屋に大型テレビ 前回の日記でSONY BRAVIA KJ-75X9400Cを購入するところまでを書きました。しかし購入を決めたあとも、なかなかスムーズには進まず、設置についても悩むことになりました。我が家の場合、機...

動作確認や映像の素晴らしさの確認などが終わり、「さぁこれで4Kの世界を満喫するぞ~」と意気込んでいたところ事件が起こりました。愛用してきたセパレートAVアンプDENON AVP-A1HD/POA-A1HDから音が出なくなったのです。

DolbyAtmos 4.1.2ch 4.1.4ch4K 天井埋め込みスピーカー インシーリングスピーカー 設置工事 SpeakerCraft Profile AIM5 Three Audioquest TP4.3 切り売り スピーカーケーブル バナナプラグ SureGrip300 BFA DIY

テレビを導入したのは2016年1月のことですが、そこから遡ること4ヶ月ほど前、2015年9月頃から、AVアンプの不調を感じていました。

システムを起動した直後にとても音が小さく、30分程度経つと今までどおりの音量に戻るという現象でした。不安だったのでDENONへ問い合わせを行いましたが、その解決法を探っている間に故障してしまい、修理に出すことになりました。(いろいろ揉めたのですが愚痴っぽくなるので省略します。)



修理の内容

結果的にはAVP-A1HDのD/A処理回路基板の交換、DENON DVD-A1UDのトレイのベルト2本交換とアライメント調整、POA-A1HDのメンテナンスで修理が終わり、およそ14万円(基板交換11万+ベルト交換3万)の見積もりで、部材も調達できて修理が可能ということなり、修理完了まで待つことにしました。

いつも使っていた機材がない間、テレビのスピーカーで我慢していましたが、こういう時には余計な事を考えてしまうのが悪いクセ。他の方のDolby Atmos対応AVアンプの導入されている様子を見て、「私の部屋でも実現できるだろうか?」と考え始めてしまいました。

Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link