Sponsored Link

シアタールームのネットワーク分離(6)~光メディアコンバータ設置工事と試聴テスト~

光ファイバーケーブルの敷設

我が家の場合、ルータなどがおいてあるサーバスペースは3階の廊下にあり、シアタールームは壁をはさんですぐ隣に位置しています。本当はもっと離したかったけど、専用ルームを確保できるのはこの部屋しかなかったので贅沢は言えません。

シアタールームのネットワーク分離(5)~追加実験、光メディアコンバータの準備~
保留していた追実験 前回の記事でシアタールームのネットワークを通常のネットワークからセグメントを分離して、その結果、シアタールームの映像や音声に改善が見られたことを書きました。その終わりにもう一つ頭に浮かんでいる実験プラン...

そこで10mほどの光ファイバーケーブルを、壁から2階の屋根裏経由でシアタールームへ敷設しました。本当はエイム電子のオーディオグレードLANケーブル(SHIELDIO NA1-S050)と同じ経路をに通したかったんですが…。

ネットワークオーディオ ホームネットワーク 分離 VLAN FX-08mini TP-LINK ArcherC7 NA-11S1 TS-119 光メディアコンバータ Hobbes HME2-1000SX/SC550

光ファイバーケーブルはケーブル自体は細いんですが、コネクタ部分が少し大きくて今回のケーブルは2本1組になったものだったので、敷設してあるCD管が細くて、コネクタが通りませんでした。折れたら元も子もないので無茶はできませんしね。



敷設工事の難所

さぁ敷設だと思ったらケーブルを通す穴がDENON POA-A1HDの右側面にあり、ふさがれてまして、簡単には敷設できません。

ネットワークオーディオ ホームネットワーク 分離 VLAN FX-08mini TP-LINK ArcherC7 NA-11S1 TS-119 光メディアコンバータ Hobbes HME2-1000SX/SC550

POA-A1HDを動かすとなれば、ケーブル敷設する前に腰が壊れる事態になりかねないので、このまま配線工事をするしかありませんが、穴に手をのばせても手が入らないので、難航しそうな気配…。

Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link