Sponsored Link

LANリニューアル後のネットワークの全体構成

ACOUSTIC REVIVE祭のあと

先日ACOUSTIC REVIVE製品の大量導入に伴って、ネットワーク接続、というかLANケーブルの接続が大幅に変更になったので一度私自身の整理のためにまとめておきたいと思います。

結局今回導入することになったのは以下の4アイテムでした。

LANケーブル ACOUSTIC REVIVE R-AL1

ACOUSTIC REVIVE LANケーブル「R-AL1」レビュー~LAN周辺をリニューアル~
ACOUSTIC REVIVE貸出しサービス LANケーブル2本の検討をして、次はLANターミネーター ACOUSTIC REVIVE RLT-1をと思いましたが、先日購入の検討を行ったACOUSTIC REVIVE R-AL1について、...

LANケーブル ACOUSTIC REVIVE LAN-1.0 Triple-C

ACOUSTIC REVIVE LANケーブル「LAN-1.0 TripleC」レビュー~LAN周辺をリニューアル~
まずはLANケーブルから 先日購入したACOUSTIC REVIVEの以下のアイテムが届きました。LANケーブル ACOUSTIC REVIVE LAN-1.0 Triple-C LANターミネーター ACOUSTIC ...

LANターミネーター ACOUSTIC REVIVE RLT-1

ACOUSTIC REVIVE LANターミネーターRLT-1のレビュー~LAN周辺をリニューアル~
第2弾はLANターミネーター 先日購入したACOUSTIC REVIVEの以下のアイテムが届きました。LANケーブル ACOUSTIC REVIVE LAN-1.0 Triple-C LANターミネーター ACOUSTI...

USBターミネーター ACOUSTIC REVIVE RUT-1

ACOUSTIC REVIVE USBターミネーターRUT-1のレビュー~LAN周辺をリニューアル~
第3弾はUSBターミネーター 先日購入したACOUSTIC REVIVEの以下のアイテムが届きました。LANケーブル ACOUSTIC REVIVE LAN-1.0 Triple-C LANターミネーター ACOUSTI...

当初は導入予定のなかったR-AL1についても、借りるだけのつもりが返すのが惜しくなってそのまま引き取りました。



ネットワークオーディオ用ネットワーク

以前から何度か記事にはしていますが、私はネットワークオーディオ専用ネットワークとして、ホームネットワークから隔離した環境を構築しています。同様にシアタールームの他の機器を接続するシアタールーム用のネットワークも別途構築されていて、合計3つのネットワークをルータで相互接続しています。

インターネットから各ネットワークまで

まずインターネット環境から各ネットワークへの接続までは以下のようになっています。

インターネット

GV-ONU(インターネット、電話、フレッツテレビ)

メインルータ TP-LINK ArcherC7
│└コアスイッチングハブ Cisco SG100-16-JP V2→家庭用ネットワーク
YAMAHA RTX1100→ネットワークオーディオ用ネットワーク
└→シアタールーム用ネットワーク

家庭用ネットワークは通常の家庭で使う、スマートフォンやパソコン、一般的なテレビやレコーダー、ゲーム機などが接続されています。今回の変更前のシアタールーム用およびネットワークオーディオ用は以下のとおりです。

シアタールーム用ネットワーク

シアタールーム用のネットワークには、テレビSONY BRAVIA KJ-75X9400C、ゲーム機2台(SONY Playstation4 ProSONY Playstation3)、レコーダーPanasonic DMR-BZT9000が接続されていて、長いLANケーブルでシアタールームの外にある各種ネットワークを相互接続しているYAMAHA RTX1100へと接続されています。

Allied-telesis CentreCOM GS908XL
││││└エイム電子 NA1-S010Playstation4 Pro
│││└エイム電子 NA1-S010Playstation3
││└ミヨシ TWC-702WHDMR-BZT9000
│└AudioQuest Forest(0.75m)KJ-75X9400C
エイム電子 NA1-S050RTX1100→家庭内LANへ

ネットワークオーディオ用ネットワーク

ネットワークオーディオ用ネットワークには、ネットワークオーディオプレーヤーであるMarantz NA-11S1とオーディオ用のNASとしてQNAP TS-119IODATA RockDisk for audio(こちらがメインNAS)が接続されていて、光メディアコンバータ2台を経由して、各種ネットワークを相互接続しているYAMAHA RTX1100へと接続されています。

PLANEX FX-08mini
│││└ACOUSTIC REVIVE LAN-1.0PANA-11S1
││└ACOUSTIC REVIVE LAN-1.0PARockDisk for audio
│└AudioQuest Forest(0.75m)TS-119
エイム電子 NA1-S005LAN-EC202CLAN-EC202CRTX1100→家庭内LANへ

そしてこのネットワークがどう変わったのかをまとめておきます。

Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link

コメント

  1. おいけ より:

    Herさん、おはようございます。

    一連の流れずっと注視しとりました。
    しかし、奮発しちゃいましたねぇ( ^ω^ )とてもマネ出来ませんが羨ましい!

    1つだけ質問です!
    オーディオ用ハブへの引込線に挟んだ光メディアコンバーター、存在は認識してましたが二台とは知りませんでした。
    ここを2台としのも理由あっての事と思いますが何故でしょう?

    某コミュに於いてもLANにはまだまだ未知数な部分があるんだなぁと思い知らされました。と言う事で自作LANも第2世代を製作中です(^。^)いい方向に向かうと良いのですが。

    • Hermitage Hermitage より:

      おいけさんコメントありがとうございます。
      そうですね、LANケーブルの振動対策がしたくて、奮発してまとめて購入してしまいました。狙い通り結果が出てよかったです。
      光メディアコンバータとは本来はメタル線ではできない高速長距離伝送をするための機器です。その名前のとおりいLANの信号を電気的なものから光信号に変換するもので、それをまた一般的な機器が受け取るにはもう一度電気信号に戻す必要があります。ですから起点と終点で1台ずつペアで使う必要があるのです。
      2台を光ケーブルのみで接続されることによって2台の間は電気的にアイソレートされるので、電気的ノイズを遮断することが出来るため、
      「LAN上のノイズ>光メディアコンバータのノイズ」となればノイズを低減することが出来るので、それをオーディオに応用しています。