ラックレイアウトの変更(5)電源ケーブル配線とサブウーファーの設置

電源ケーブルとサブウーファー

ラックの位置を仮決めした状態で各プレーヤー類とAVプリアンプMarantz AV8802Aとの接続を行い、事前のシミュレートどおりケーブルの長さには不足もなく配線できることが確認できました。

ホームシアター オーディオ ラック インシュレーター KRYNA TPROP 耐荷重 TAOC ラック MSR 電源タップ 電源ケーブル 仮想アース KRIPTON PB-200 CHIKUMA Complete-4 II DMT-230B KOJO TECHNOLOGY ForcebarEP AudioQuest NRG-5 Acoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

ラックの仮設置の後は配線作業 サブウーファーDALI Helicon S600とテレビSONY BRAVIA KJ-75Z9Dの撤去から始まり、新規ラックの組み立てと既存ラックの組み換えが終わってようやく仮設置までたどり着きました。ここま...

今回のラックレイアウト変更の難所といってもいいかもしれません、電源ケーブルとサブウーファーの設置です。



中央のポジション争い

シアタールームのレイアウトの中で頭を悩ませるのは、アンプ類、サブウーファーDALI Helicon S600の設置位置であることは以前書きましたが、シアター用機材に電力を供給するコンセントも中央にあります。

ホームシアター オーディオ ラック インシュレーター KRYNA TPROP 耐荷重 TAOC ラック MSR 電源タップ 電源ケーブル 仮想アース KRIPTON PB-200 CHIKUMA Complete-4 II DMT-230B KOJO TECHNOLOGY ForcebarEP AudioQuest NRG-5 Acoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

そして傾斜した天井(屋根)であることで生まれる、ラックの裏のデッドスペースにサブウーファーHelicon S600を配置することを決めてあります。こうすることでDALI Helicon S600の存在感を消し、スペースを有効活用することが可能になります。とりあえずラックの仮設置の状態では左側に寄せて置いてありましたが、電源ケーブルの配線と合わせて中央に移動します。

ホームシアター オーディオ ラック インシュレーター KRYNA TPROP 耐荷重 TAOC ラック MSR 電源タップ 電源ケーブル 仮想アース KRIPTON PB-200 CHIKUMA Complete-4 II DMT-230B KOJO TECHNOLOGY ForcebarEP AudioQuest NRG-5 Acoustic Revive POWER REFERENCE-TripleC

ラックの組み換えを終えた段階で、電源タップ3つはメインは中央に残りは右側の裏におくつもりで配線を始めました。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link
error: コピー禁止