Sponsored Link

ラックレイアウトの変更(3)ラックの組み換え

ここからが本番

ラックのレイアウト変更をするために、ラックの前においてあったサブウーファーDALI Helicon S600とテレビSONY BRAVIA KJ-75Z9D、壁寄せラックSDS 電子黒板用壁寄せラック MW-5570を撤去することが出来ました。

ラックレイアウトの変更(2)サブウーファとテレビの撤去
ラックの到着と共にスタート シミュレーションは終わって、懸念事項をまとめてみましたが、レイアウト変更に大きな障害となりそうなものはありませんでした。あとはレイアウト変更に必要なアイテムが揃うのを待つばかりでしたが、購入して...

これだけでも結構な重労働でしたが、ここで立ち止まるわけには行きません。やっとラックにアクセスできるようになったので、今回のプランに合わせてラックを組み替えしていきます。



メインラックの組み換え

まずはすべての機器の電源を落とし、電源ケーブルを抜いていきます。AVプリアンプMarantz AV8802AとパワーアンプDENON POA-A1HDの間のケーブルはそのまま接続したままにしてそれ以外の信号系ケーブルもすべて抜いていきました。

ホームシアター オーディオ ラック インシュレーター KRYNA TPROP 耐荷重 TAOC ラック MSR DALI Helicon S600 SONY BRAVIA KJ-75Z9D SDS 電子黒板用壁寄せラック MW-5570 ベースユニット K-MSR-3S-DG 支柱 MSR-P415

これだけのケーブルを抜くのに撤去だけでも30分くらいかかりました。メインラックには上から以下のように設置されています。

  • Panasonic DMP-UB900
  • DENON DVD-A1XVA
  • Marantz NA-11S1
  • Marantz AV8802A
  • DENON POA-A1HD

ホームシアター オーディオ ラック インシュレーター KRYNA TPROP 耐荷重 TAOC ラック MSR DALI Helicon S600 SONY BRAVIA KJ-75Z9D SDS 電子黒板用壁寄せラック MW-5570 ベースユニット K-MSR-3S-DG 支柱 MSR-P415

ケーブルをすべて外したところで、上から3台DMP-UB900DVD-A1XVANA-11S1は新しく組み立てるラックへと移すのでラックから降ろし、作業の邪魔にならない場所で待機させておきます。

3台を降ろしたメインラックは5段から3段へ組み替えなおします。TAOCのラックは棚は天板のみ他の棚とは形状が異なっていて、その他の棚は共通の仕様になっています。一番上の天板は、最後に止める平型ネジをフラットに収めるために窪んでいますが、他の棚は表面がフラットです。

ホームシアター オーディオ ラック インシュレーター KRYNA TPROP 耐荷重 TAOC ラック MSR DALI Helicon S600 SONY BRAVIA KJ-75Z9D SDS 電子黒板用壁寄せラック MW-5570 ベースユニット K-MSR-3S-DG 支柱 MSR-P415

まず天板を固定しているネジを外し、天板を降ろします、支柱を取り除き、棚、支柱、棚の順で取り外し、そこに一番最初に外した天板を載せ、キャップボルトで固定します。ラックに設置したままになっているAV8802APOA-A1HDは相互に接続しているケーブルはそのままでいいので、これでメインラックの組み換えは終わりになります。

ホームシアター オーディオ ラック インシュレーター KRYNA TPROP 耐荷重 TAOC ラック MSR DALI Helicon S600 SONY BRAVIA KJ-75Z9D SDS 電子黒板用壁寄せラック MW-5570 ベースユニット K-MSR-3S-DG 支柱 MSR-P415

Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link