カテゴリー8(Cat.8)のLANケーブルとは何だ?~規格と要件を調べてみた~



SUPRA

SUPRAからも1種類発売されています。

Supra Cat 8 Network Patch Cable

Supra Cat 8 Network Patch Cableという名前ですが、国内では見かけません。SUPRAらしい薄いブルーのケーブルです。

ネットワークオーディオ Wireworld イーサネットケーブル PSE STE CHE LAN カテゴリー8 Cat.8 Supra Cat 8 Network Patch Cable Tite-Shield Technology Composilex2 Telegartner M12 SWITCH GOLD 規格 仕様 概要 要件

Mechanical Specifications

Standard Cat 8 Patch Ethernet Cord
Connectors Supra RJ45 Male ► Supra RJ45 Male
Signal direction Bi-directional
Application examples Ethernet 40GBASE-T

Cable design

Cable 4 pair, Cat 8 S/STP PIMF
Lead area 0.23 / 26 mm2 / AWG
Number of strands 7 pieces
Lead material Bright drawn oxygen-free 5N copper
Insulation Air-injected, low capacitance PE
Inner shield Aluminium foil
Outer shield Tin plated, oxygen-free 5N copper braid
Jacket PE (FRHF)
Outer dimension Ø 6 mm
Flame retardancy Yes

Electrical performance

Resistance 145 Ohm / km
Capacitance 43 pF / m
Bandwidth 2,000 MHz
Skew @ 100 MHz 5 / 100 ns / m
Impedance 100 Ohm
Velocity factor 0.8x C (speed of light)

※”http://www.jenving.com/products/view/cat-8-stp-patch-1001908589″より引用

試聴する機会に恵まれない

以前からカテゴリー8のオーディオ用LANケーブルには興味はありますが、まだ試聴する機会には恵まれていませんので、どんな音になるのか想像もつきません。

貸し出しサービスなどがあれば積極的にお借りしたいところですが、SUPRAについては国内の代理店であるSAECが取り扱っていませんし、WireWorldについても国内の代理店であるNASPECでは貸し出しサービスがなさそうです。

購入するにしてもカテゴリー8の仕様も知らずにほいほい手を出すわけにも行かないので、少しカテゴリー8とその他のカテゴリーとの違いを調べてみました。

カテゴリー毎の概要を少し調べてみる

カテゴリー8は現在策定中のようですが、最近オーディオ用途に進出してきたテレガートナーのHPに参考になる情報がありました。

ISO/IEC 11801/EN 50173 に準拠した各カテゴリ/クラスの概要

コンポーネント
カテゴリ
566A77A8.18.2
リンククラスDEEAFFAIII
最大周波数
(Hz)
100M250M500M600M1G2G2G
最大データ速度
(イーサネット)
(bit/s)
1G1G10G10G10G40G
/25G
40G
/25G
推奨される
最大チャンネル長(m)
1001001001001003030
リンク(チャンネル)
内のコネクタ数
最大4最大4最大4最大4最大4最大2最大2
STP/UTP両方両方両方STPSTPSTPSTP
コネクタRJ-45RJ-45RJ-45RJ-45
以外
RJ-45
以外
RJ-45

RJ-45
以外

引用元:”http://www.telegaertner.co.jp/technical/data_voice/2540gbase-t.html”

カテゴリー8という規格は40GBASE-T/25GBASE-Tという40Gbps/25Gbpsの伝送速度を規格化したものですが、表を見るとケーブルの構造はカテゴリー7と同様にシールドタイプ(STP)のみとなっていて、最大周波数は2GHzにも達し、ケーブルの最大長が30mに短縮されています。それだけ金属ケーブルによる高速伝送が難しい、限界に迫っているということを表していますね。

またカテゴリー7では対応していなかったRJ-45コネクタに対応したリンククラスI(カテゴリー8.1)が設定されていて、カテゴリー6A以下との互換性を保っているように見えます。

カテゴリー7とRJ-45コネクタ

市販されているLANケーブルに「カテゴリー7」や「Cat.7」と記載されているものがありますが、上記の表にあるとおりLANケーブルとしては、規格上カテゴリー7はRJ-45コネクタには対応していないので、伝送帯域としては上記の600MHzに対応してはいますが、正確にはカテゴリー7対応と書くのは「誤り」です。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link