Sponsored Link

光メディアコンバータとケーブルの選び方

初心者向けにザックリ解説

ネットワークオーディオに光メディアコンバータを使って、ノイズの低減を図ることを考えている人がもしいたら…という観点で導入の手がかりになる情報として、技術的な難しい話は最低限にして、光メディアコンバータとそれに使う光ファイバーケーブルの選び方をザックリ書いてみようと思います。



光ファイバーとは

光ファイバーケーブルの原理は理解しなくても使うには困りませんが、簡単に書いておきます。光ファイバーケーブルはプラスチックやガラス(石英)で作られたケーブルで、光の透過率が非常に高い特性を持っています。

ネットワークオーディオ 光メディアコンバータ スイッチングハブ 音が良い 音質が良い アライドテレシス CentreCOM LMC102 Hobbes HME2-1000SX/SC550 SANWASUPPLY LAN-EC202C 光ファイバーケーブル SCコネクタ 10m

屈折率の高い素材(コア)を屈折率の低い素材(クラッド)で覆うことで、中で光を全反射させて、内壁をぶつかりながら反対側まで光が届くことを利用して、高速に点滅させた光信号を送信機から受信機に送ることで通信を可能にしています。

ネットワークオーディオ 光メディアコンバータ スイッチングハブ 音が良い 音質が良い アライドテレシス CentreCOM LMC102 Hobbes HME2-1000SX/SC550 SANWASUPPLY LAN-EC202C 光ファイバーケーブル SCコネクタ 10m

金属のLANケーブルに比べて信号の減衰が小さいので、より遠くまで信号を届けることができます。例えば100Mbpsの通信をする場合、金属のLANケーブルが規格上100mに対し、光ファイバーは2kmまで通信可能です。

あまりグニャグニャと曲がると光の通り道として機能しなくなるのでケーブルは曲がりません。

コネクタの種類は大きく分けて2つ

光メディアコンバータのコネクタは家庭で使えるものだとまずSCコネクタになると思います。なぜなら一番安価な機器にはこのコネクタが使われるからです。例えば私が使ってきた3種類の光メディアコンバータはいずれもSCコネクタでした。

ネットワークオーディオ 光メディアコンバータ スイッチングハブ 音が良い 音質が良い アライドテレシス CentreCOM LMC102 Hobbes HME2-1000SX/SC550 SANWASUPPLY LAN-EC202C 光ファイバーケーブル SCコネクタ 10m

そのコネクタに合うケーブルを購入すればいいわけですが、光ファイバーケーブルのコネクタはLANケーブルに比べて豊富で購入するときに迷います。初心者が覚えるのは2つだけでいいと思います。

  • SCコネクタ(2芯):写真右
  • LCコネクタ(2芯):写真左

ネットワークオーディオ 光メディアコンバータ スイッチングハブ 音が良い 音質が良い アライドテレシス CentreCOM LMC102 Hobbes HME2-1000SX/SC550 SANWASUPPLY LAN-EC202C 光ファイバーケーブル SCコネクタ 10m

SCコネクタはコネクタが大きく、安価な光メディアコンバータはほぼこのコネクタを採用していると思います。

LCコネクタSCコネクタに比べて細く、業務用のスイッチなどで、インターフェース(コネクタ)の密度が高い機器に使われることが多く、比較的安価な光メディアコンバータでは使われることが少ないので使わないと思いますが、ケーブルを購入しようとすると混在しているので、一応書いておきます。

その他にSTコネクタなどを見かけることもありますが、コネクタの形状が明らかに違うので間違えることは少ないでしょう。

ネットワークオーディオ 光メディアコンバータ スイッチングハブ 音が良い 音質が良い アライドテレシス CentreCOM LMC102 Hobbes HME2-1000SX/SC550 SANWASUPPLY LAN-EC202C 光ファイバーケーブル SCコネクタ 10m

Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link