Sponsored Link

自作電源ケーブルの交換(3)EE-F-2.6-TripleCの設置作業と試聴

PCCOC-AからPCCCC(PC-TripleC)へ

POWER REFERENCE-TripleC(初期型)を試聴してみて、感触がよかったので自宅で使っている自作電源ケーブルのケーブル部分をOYAIDE EE/F-S 2.0からACOUSTIC REVIVE EE/F-2.6-TripleCに変更してみることにし、製作をお願いしたケーブルが先日届きました。

自作電源ケーブルの交換(2)EE-F-2.6-TripleCとPower Referenceの到着
タップ用自作電源ケーブルの変更 先日、タップなどの給電をしている電源ケーブルをすべて取り外し、一時的に空いている電源ケーブルに入れ替えました。電源ケーブルのケーブル部分を入れ替えるためです。PC-TripleCの電源ケーブルのワイドレンジ...

当初は4本ともEE/F-2.6TripleCで製作する予定でしたが、たまたまPOWER REFERENCE-TripleCのケーブル部分だけ端材が残っていたので、比較用に作っていただけることになりました。

タップは3つしかないので、POWER REFERENCE-TripleCの線材を使ったケーブルについては後日行うとして、まずは以下の3本のケーブルから設置して試聴してみたいと思います。

  • P-004-EE/F-S 2.0-C-004(60cm)→P-004-EE/F-2.6-TripleC-C-004(1m)
  • P-037-EE/F-S 2.0-C-037(60cm)→P-037-EE/F-2.6-TripleC-C-037(1m)
  • P-029-EE/F-S 2.0-C-029(60cm)→P-029-EE/F-2.6-TripleC-C-029(1m)

ケーブルには全てカーボンシールドメッシュチューブAcousticRevive CSFで覆ってあります。線材は3本とも同じですが、プラグがそれぞれオヤイデ製のパラジウムメッキP-004/C-004の、ロジウムメッキP-037/C-037、無メッキP-029/C-029となっています。



各コンセント

ケーブルを作っていただいたあとに残っている問題はケーブル設置です。テレビの裏のスペースに密集して配置されているラックに隠れるように給電用のコンセントが隠れています。

ホームシアター ネットワークオーディオ OYAIDE PEE-F/S2.0 ACOUSTIC REVIVE アコリバ Power Reference 電源ケーブル EE/F-2.6 TripleC PC-TripleC レビュー 比較 試聴

ホームシアター ネットワークオーディオ OYAIDE PEE-F/S2.0 ACOUSTIC REVIVE アコリバ Power Reference 電源ケーブル EE/F-2.6 TripleC PC-TripleC レビュー 比較 試聴

これらを今回製作していただいたケーブルを変更してタップを接続します。

Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link