SONY HDMIケーブル DLC-9150ESを購入~DMP-UB900の音声用ケーブルとして~

音声出力に適したHDMIケーブル

以前、Panasonic DMP-UB900のレビューをした際に、音質がやや腰高で物足りないという感想を持ったことで、眠っていたHDMIケーブルAUDIOQUEST HDMI-3DMP-UB900の音声出力用のケーブルとして交換したことがありました。

DMP-UB900の音質への不満 以前、Panasonic DMP-UB900のレビューをした際に、音質がやや腰高で物足りないという感想を書きました。 SOUNDMAGIC STB-1を使って改善を試みましたが、逆効果になっ...

このとき平(きしめん)型のWireWorld PSH(1.0m)との比較でしたが、丸型であるAUDIOQUEST HDMI-3の方が音に厚みが出て、映画ソフトの迫力を引き出してくれると言うことで、そのままAUDIOQUEST HDMI-3を使ってきました。

ホームシアター HDMIケーブル 音の良い 音声用:SONY DLC-9150ES AUDIOQUEST HDMI-3 Panasonic DMP-UB900 映像音声分離出力 セパレート接続



丸型と平型の傾向の違い

現在のDMP-UB900のケーブルは以下のようになっています。

  • 映像ケーブル:AIM PAVA-R01(1.0m)→SONY BRAVIA KJ-75X9400C
  • 音声ケーブル:AUDIOQUEST HDMI-3 (1.0m)→Marantz AV8802A
  • 電源ケーブル:AudioQuest NRG-5(1.8m)→CHIKUMA Complete-4 II

これは私の個人的な感想ですが、何本もHDMIケーブルを試してきた経験上、ほとんどの場合、映像は平型、音声は丸型に軍配が上がります。ですから、音声用ケーブルには丸型を使いたいわけですが、音の良い丸型ケーブルとして候補に挙がるのは、音質重視のHDMIケーブルとして発売されたSAEC SH1010SH810SH820SONY DLC-9150ESDLC-9240ESなどになります。

しかし、これらのケーブルはすでに時代遅れの旧タイプで相場を見ると、新品でSAEC SH1010は3万円弱、SONY DLC-9150ESは4万5千円前後と高価で、今さら新品を定価で購入する気持ちにもなれず、購入には至っていませんでしたが、最近中古ではありますが、状態のよさそうなSONY DLC-9150ESを安く購入することが出来ました。

ちなみにこの購入したのはあの記事を書く前の話です。

作り話のような本当の話 これはまったく同じ商品の話です。 とあるお店で商品を購入しようかと迷っているお客様がいました。いくつかのお店の中から一番安いお店で購入しようと販売員さんと交渉をしていると Yというお店では Y:「...

もしこれの後だったら購入していなかったかもしれませんが…。

SONY HDMIケーブル DLC-9150ESの仕様

仕様は以下のとおりです。※SONY公式HP”http://www.sony.jp”より引用

特長

  • 映像と音声信号にデータ通信が可能なHDMIイーサネットチャンネル対応

ホームシアター HDMIケーブル 音の良い 音声用:SONY DLC-9150ES AUDIOQUEST HDMI-3 Panasonic DMP-UB900 映像音声分離出力 セパレート接続

  • テレビの音声信号をHDMIケーブルのみでAVアンプ等に戻すことが可能なオーディオリターンチャンネル対応

ホームシアター HDMIケーブル 音の良い 音声用:SONY DLC-9150ES AUDIOQUEST HDMI-3 Panasonic DMP-UB900 映像音声分離出力 セパレート接続

  • 3D映像対応

ホームシアター HDMIケーブル 音の良い 音声用:SONY DLC-9150ES AUDIOQUEST HDMI-3 Panasonic DMP-UB900 映像音声分離出力 セパレート接続

  • フルHDの約4倍の解像度を実現する4K解像度対応

ホームシアター HDMIケーブル 音の良い 音声用:SONY DLC-9150ES AUDIOQUEST HDMI-3 Panasonic DMP-UB900 映像音声分離出力 セパレート接続



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link