Sponsored Link

外泊から帰宅して…東芝REGZAサーバーD-M470でオリンピックのダイジェストを見る

外泊から帰宅して…

リオオリンピック、日本は早々に金メダルを取ることができて、勢いに乗ったかのようにメダルラッシュが続いていますが、そのの真っ最中に、4泊5日外泊することになり、テレビもろくに見れない状況でした。家に帰って、東芝REGZAサーバーD-M470で録画したスポーツ番組のニュースのハイライトでも見ようと思ったのですが…。

ホームシアター 東芝 REGZAサーバー D-M470 オリンピック 全録:全自動DIGA



REGZAサーバーの主な仕様

シアタールームとは別に私の部屋に「東芝REGZAサーバー D-M470」を2014年5月に導入しました。

主な機能はは以下の通りです。
チューナー数:地上波デジタル×7、BSデジタル×1、CSデジタル×1
内蔵HDD容量:2TB
録画機能:タイムシフトマシン(全録)、フルハイビジョン長時間録画、USBHDD録画など
放送:地上波デジタル、BSデジタル、CSデジタル、スカパープレミアムサービスLink

保存媒体はHDDのみというシンプルなレコーダーでサイズも通常のレコーダーに比べてとてもコンパクトな作りです。写真にはD-M470の下にPanasonic DIGA DMR-BW930が映っていますが、DIGAはレコーダの中でも比較的コンパクトですが、比較してもかなり小さいのが分かっていただけると思います。

価格も機能を必要最低限に絞っていることもあって、他社の全録機に比べても比較的低価格で導入することができます。ただコンパクトな反面、廃熱に難があるようで、回り続けるファンの音は少し耳につきます。コンパクトなパソコンのファンが回り続けているような音で、昼間はそれほど気になりませんが、深夜寝ているときには少し気になります。

Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link