Sponsored Link

Marantz NA-11S1でACOUSTIC REVIVE シングルコアケーブル3種を比較(1)同軸デジタルケーブル

3種のケーブルを比較(1)

ACOUSTIC REVIVE バッテリリファレンス電源 RBR-1のレンタルサービスを利用し、もはや手放すことはできなくなって導入するに至りましたが、今回は4種類のケーブルを試聴させていただくことになりました。

バランスブレイカー~高級すぎるケーブル4種が届いた…
機器とアクセサリの投資比率 皆さんはどれくらいの金額をオーディオや映像機器に投資し、それに対して、どのくらいの金額をアクセサリに投資されているだろうか?その比率は人それぞれですが、私の場合は使用しているものに限れば、機器:アクセサリの比率...

といっても今回は私から貸し出しサービスに申し込んだわけではありません。こんな高価なケーブルを私のシステムには分不相応というか、ケーブルの持つポテンシャルを発揮しきれないのでは?と思っていますし、購入の候補にすら挙がらないのですが、先日発生したスイッチングハブの故障に伴う、サービスとして特別にまとめて試聴させていただくことになりました。ありがたい話です。

FX-08miniが逝ってしまってピンチ…代替機を模索
USB-DCケーブルの特注… 普段ネットワークオーディオ用のスイッチングハブとして使っているPLANEX FX-08miniですが、電力は普段モバイルバッテリから供給していて、現在はお借りしているバッテリーリファレンス電源 RBR-1を使...

その内の1本は先日レビューを書きました、ACOUSTIC REVIVE POWER REFERENCE-TripleC(初期型)です。

ACOUSTIC REVIVE POWER REFERENCE Triple-C(初期型)をレビュー
単線電源ケーブル 今市販されている完成品の電源ケーブル(厳密には電源コードと書いた方がいい)はほぼ「より線」で、PSE法の改正によって「単線」の電源ケーブルは市販されなくなりました。私はAV機器の電源ケーブルには単線を好んで使っています。...

私が愛用している電源ケーブルは単線のものですが、国内では購入することができないため、今回レンタルサービスを利用して試聴させていただきましたが、ダイナミックレンジが広く、滑らかな音、音の立ち上がりと引きの速さ、などPC-TripleCの素性の良さをLANケーブルに続いて体験することができました。

そして、残る3本のケーブルの比較を行っていきます。

  • COX-1.0TripleC-FM 1m(定価:88,000(税別))
  • RCA-1.0R TripleC-FM 1.4×1.8mm導体仕様 1m(定価:198,000(税別))
  • XLR-1.0R TripleC-FM 1.4×1.8mm導体仕様 1m(定価:218,000(税別))

まずは現状のシステム構成から。



システム構成

今回は、3種類のケーブルを同一の機器Marantz NA-11S1で比較となりますが、まずは現状のシステム構成の内、ネットワークオーディオにかかわる部分から抜粋します。

試聴環境

以下の環境で試聴してみました。

ホームシアター ネットワークオーディオ ACOUSTIC REVIVE COX-1.0TripleC-FM XLR-1.0tripleC-FM RCA-1.0R TripleC-FM 1.4x1.8mm導体仕様 POWER REFERENCE-TripleC(初期型) シングルコアケーブルシリーズ PC-Triple-C Marantz NA-11S1 AudioQuest HAWK EYE NRG-5

  • AVプリアンプ:Marantz AV8802A
  • マルチチャンネルパワーアンプ:DENON POA-A1HD
  • フロントスピーカー:DALI Helicon 800(Pair)
  • ネットワークオーディオプレーヤー:Marantz NA-11S1
  • NAS:IODATA RockDisk for audio
  • スイッチングハブ:PLANEX FX-08mini
  • 光メディアコンバータ:SANWASUPPLY LAN-EC202C

主要機器はメイン機器用のタップCHIKUMA Complete-4 IIから、NASはEL SOUND 汎用アナログ電源(DC12V 3Aモデル)から、スイッチングハブや光メディアコンバータはACOUSTIC REVIVE バッテリリファレンス電源RBR-1からそれぞれ電力供給されています。

Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link