ACOUSTIC REVIVE LANケーブル「R-AL1」レビュー~LAN周辺をリニューアル~

ACOUSTIC REVIVE貸出しサービス

LANケーブル2本の検討をして、次はLANターミネーター ACOUSTIC REVIVE RLT-1をと思いましたが、先日購入の検討を行ったACOUSTIC REVIVE R-AL1について、ぜひ一度聞いてみたいと思いました。

ACOUSTIC REVIVE R-AL-1 現在、私はネットワークオーディオ用のLANケーブルについては、ACOUSTIC REVIVE LAN-1.0PA(1.0m)をメインに使っています。 ネットワークの構成などについ...

ACOUSTIC REVIVEのHPには貸し出しサービスがあったので、R-AL1についてお借りして聞いてみることにしました。

アコースティックリバイブ | オーディオアクセサリー



LAN1.0PAとの違い

メーカーのHPなどから特徴を抜粋すると前モデルLAN-1.0PAと廉価版R-AL1との間には共通点が多くみられます。

ACOUSTIC REVIVE LAN-1.0PAの特徴

  • PCOCC-Aを採用
  • 絶縁材にテフロンを採用
  • シールドには銅箔を使用
  • シースには比誘電率に優れたPT樹脂
  • LAN端子は金メッキ
  • トルマリン含浸樹脂でモールドし静電気を除去

ACOUSTIC REVIVE R-AL1の特徴

  • PC-TripleCを新たに採用
  • 絶縁材にテフロンを採用
  • シールドには銅箔を使用
  • PANDUIT製金メッキプラグを採用
  • シースには比誘電率に優れたトルマリン含浸のポリエチレンを採用

両者の共通点と違い

両者には端子部分のモールドの差などはあるものの類似点が多く、大きく異なるのはその導体の素材ではないかと思います。この2つのケーブルを聴き比べることでPCCOC-APC-Triple-Cの導体の違いを聞き比べられるのではないかと考えて、PC-Triple-Cの傾向を知るためにお借りしてみました。

とりあえずお借りした商品を見てみることにしましょう。

ACOUSTIC REVIVE R-AL1

ACOUSTIC REVIVE製品の箱って感じですね、いつもこの箱のイメージです。2本お借りしたので2本と書いたシールが貼ってあります。

中を開けると袋に入っています、こちらも2本と書いてありますね。



Sponsored Link

フォローしてね!

Sponsored Link